『半沢直樹』原作とのリンクで第2シーズンは大盛り上がり 「帝国重工」「トキワ自動車」に沸いた6話
イラスト/ゆいざえもん

ドラマ好きを喜ばせる仕掛けが随所に 『半沢直樹』6話

日曜劇場『半沢直樹』(毎週日曜 よる9時〜 TBS系)第6話(8月23日放送)は、帝国航空の再建に乗り出す半沢にいよいよ国家権力の魔の手が伸びてくる。

国土交通大臣・白井(江口のりこ)と弁護士・乃原(筒井道隆)半沢(堺雅人)に対する冷ややかで陰湿な対応を見ると、「沈・没!」の大和田(香川照之)や、金融庁にまた戻ってきた「やる気、満・満!」の黒崎(片岡愛之助)、ふたりの半沢への、飼い主に飛びつく犬のような熱いアクションは可愛く見えてくるほど。彼らの言動はもはや半沢愛にしか見えない。それに伴って『半沢』名物顔芸対決はいかにこわい顔をするかから、いかにおもしろい顔をするかにフェーズが変わってきているのを感じる。

また、黒崎の部下役で人気声優・宮野真守が出演するも台詞は「はい」のみで、あとは表情で見せるというある意味アグレッシブなアプローチもあって、視聴率は24.3%(ビデオリサーチ調べ 関東地区)だった。

なにより『半沢直樹』第2シーズンが盛り上がっている要因は、ほかの池井戸潤作品とのリンク。今回は、半沢が帝国航空の再建案のひとつ・社員を転職させるため、その転職先を探すときに、『下町ロケット』の“帝国重工”や、『ノーサイドゲーム』の“トキワ自動車”などの名前が出てきて、SNSは盛り上がった。

第1話でも、株価のエピソードで、『下町ロケット』の佃製作所、『陸王』のダイワ食品、アトランティスなどの名前がさりげなく株価が記された電光掲示板に登場している。たしか諸田(池田成志)が帝国重工とメールしている描写もあった。

半沢と同じ世界に、あの熱いドラマの登場人物たちが生きていると想像させる愉快な仕掛けは、同じくTBSのドラマ『MIU404』でも、同じスタッフが作った『アンナチュラル』の登場人物が出てきて盛り上がっていることと同じ。ドラマ好きはこういうリンクが大好きなのだ。

極めつけは、『半沢』の公式Twitterで紹介された、劇中に出てくるICレコーダーは『七つの会議』の電機メーカー・ゼノックス製であること。半沢が勝ちに出られる重要な裏のやりとりをいつも録音することに役立ちまくっているICレコーダーがゼノックス製! 

この記事の画像

「『半沢直樹』原作とのリンクで第2シーズンは大盛り上がり 「帝国重工」「トキワ自動車」に沸いた6話」の画像1 「『半沢直樹』原作とのリンクで第2シーズンは大盛り上がり 「帝国重工」「トキワ自動車」に沸いた6話」の画像2