review

『半沢直樹』ねちっこさがパワーアップ! 黒崎を演じる片岡愛之助がドラマにもたらしたエンタメ性

       
『半沢直樹』ねちっこさがパワーアップ! 黒崎を演じる片岡愛之助がドラマにもたらしたエンタメ性
イラスト/ゆいざえもん

黒崎、『半沢直樹』6話に再度襲来!!

毎週毎週、熱いバトルが繰り広げられ、話題が尽きない日曜劇場『半沢直樹』(毎週日曜 よる9時〜 TBS系)。第6話(8月23日放送)は、半沢直樹(堺雅人)が巨大な航空会社の再建に挑む、池井戸潤の原作小説「銀翼のイカロス」編に入った第2話(通算だと6話め)。

第6話の最大の見どころは金融庁の黒崎俊一(片岡愛之助)の登場。前半の「ロスジェネの逆襲」編でも第3話に登場し(番組表には「黒崎襲来!!」とあった)、視聴率を23.2%(ビデオリサーチ調べ 関東地区)と押し上げた。

第2シーズンでは黒崎のねちっこさがパワーアップ

金融庁から異動して、やたら長い肩書の「証券取引等監視委員会事務局証券検査課統括検査官」としての登場で、半沢が出向している東京セントラル証券に「お久しぶりね」とやってきて、容赦ない細かいチェックで半沢を責めたてた。このときの半沢(堺雅人)の苦々しい顔といったら。思い出すたび笑えてしまう。

半沢を「直樹」呼ばわりする黒崎。ねちっこいオネエ言葉に、真っ赤なネクタイとポケットチーフ、部下の下半身をギュッと掴むアクションなど、第1シーズンで話題になった黒崎の特徴は7年経っても変わらず。いやむしろ、「歌を歌いながらパソコンチェックする様など、ねちっこさがパワーアップしていた気がするが、第6話はどう出てくるか。

半沢が証券会社に出向になっても、異動して(自分の意志ではないと思うが)検査に来た黒崎、またしても異動したのか。振り返れば、第1シーズンの初登場時は金融庁から国税局に異動になったところで半沢と出会い、第7話で金融庁に戻り、第2シーズンでは証券取引等監視委員会事務局証券検査課統括検査官。あっち行ったりこっち行ったり忙しい。

たとえどこにいても黒崎は「国民の血税を守る」ことを使命とし、「しょせんあなたたちは汚い金貸し」と銀行を目の敵にしている。やっていることは実をいえば正しいのだが、やり方がえらそうで、ヒトをヒトとも思わないところが毛嫌いされてしまう。

あわせて読みたい

レビューの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース
「『半沢直樹』ねちっこさがパワーアップ! 黒崎を演じる片岡愛之助がドラマにもたらしたエンタメ性」の みんなの反応 1
  • 匿名さん 通報

    秀太郎さんは当代仁左衛門さんの兄です。先代仁左衛門さんの次男ですが。また、愛之助さんは立役中心で女形はほとんど演じません。

    1
この記事にコメントする

レビューニュースアクセスランキング

レビューランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

半沢直樹

半沢直樹

平成の30年間に放送されたドラマで最終回42.4%の視聴率を弾き出し、堂々の1位に輝いた堺雅人主演ドラマが令和の時代に再び登場。TBSにて、2020年7月19日〜9月27日放送。

2020年8月23日のレビュー記事

キーワード一覧

エキサイトレビューとは?

エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。

その他のオリジナルニュース

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。