review

『半沢直樹』堺雅人(半沢)と対立する筒井道隆(乃原) 似ているようでまるで違う俳優としての道のり

       
『半沢直樹』堺雅人(半沢)と対立する筒井道隆(乃原) 似ているようでまるで違う俳優としての道のり
イラスト/ゆいざえもん

悪役で『半沢直樹』出演に驚きの声があがった筒井道隆

日曜劇場『半沢直樹』(毎週日曜 よる9時〜 TBS系)の後半戦は、帝国航空再建編。業績が悪化した国内最大手の航空会社を立て直すため、国土交通大臣・白井(江口のりこ)が銀行に7割の債権放棄を提案。それを受け入れたら、東京中央銀行は500億円もの債権を手放すことになる。700億円の債権を回収するために帝国航空を立て直そうとする半沢直樹(堺雅人)。そこに立ちふさがるのは、タスクフォースチームのリーダー、弁護士・乃原正太(筒井道隆)である。

筒井道隆に悪役のイメージを持つ者は多くないであろう。爽やかで感じのいい人という印象が強い彼に、乃原役は意外だった。池井戸潤の原作『銀翼のイカロス』を読むと、「肥満体で黒縁眼鏡」「小さな目」「鋭い視線」「大阪出身」「幼い頃に父親が事業に失敗」「苦労人」とある。原作とかけ離れている乃原をどう演じるかと注視すると、筒井の悪人演技はなかなか印象的だった。

これまで『半沢直樹』では、香川照之市川猿之助などのように、いかにも悪役然とした演技で強力に押してくる者か、あるいは、池田成志山崎銀之丞などのようにコミカルな小悪党の演技をする者が大集合していた。それが、今回、一見穏やかそうに見え、言葉を発しても大声を出さず、静かにアプローチしてくる筒井が新鮮に映った。

乃原は冷たい目で半沢を見ながら、彼のことを一切否定し、テーブルを蹴って脅す。そこにゾクリとくるし、堺雅人の芝居も、香川や猿之助と対峙しているときとは少しばかり演技が違って見える。俳優は相手の芝居に反応し、お互いが影響し合って、豊かなものになっていくものである。だからこそ、筒井道隆 対 堺雅人 なかなかおもしろいのである。

お世話要らずの堺、お世話したくなる筒井

筒井道隆は1971年生まれで、堺雅人は73年生まれ。2歳違いのふたりのこれまでの俳優としての道のりは、似ているようでまるで違う。

あわせて読みたい

レビューの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

レビューニュースアクセスランキング

レビューランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

半沢直樹

半沢直樹

平成の30年間に放送されたドラマで最終回42.4%の視聴率を弾き出し、堂々の1位に輝いた堺雅人主演ドラマが令和の時代に再び登場。TBSにて、2020年7月19日〜9月27日放送。

2020年8月30日のレビュー記事

キーワード一覧

エキサイトレビューとは?

エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。

その他のオリジナルニュース

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。