バチェラー史上初ゴールインの友永真也&岩間恵 大炎上を乗り越えた今“恋愛リアリティショー”に思うこと

バチェラー史上初ゴールインの友永真也&岩間恵 大炎上を乗り越えた今“恋愛リアリティショー”に思うこと
オンラインインタビューでの様子

リアル婚活サバイバル番組『バチェラー・ジャパン』シーズン3から誕生した友永真也&岩間恵カップルが、約1年間の交際を経て、2020年7月に結婚した。最後のローズを渡した相手と即破局し、脱落したはずの女性とカップルになるという前代未聞の結末が招いた大炎上を経て、それでも『バチェラー・ジャパン』初のゴールインを迎えたふたり。

二人三脚でバッシングを乗り越えた今、どんな結婚生活をイメージしているのだろうか?
バチェラー史上初ゴールインの友永真也&岩間恵 大炎上を乗り越えた今“恋愛リアリティショー”に思うこと
バチェラー・ジャパン3の場面写真(C)2019 Warner Bros. International Television Production Limited. All rights reserved.

取材・文/原田イチボ(HEW)

岩間の実家のリビングでプロポーズ


バチェラー史上初ゴールインの友永真也&岩間恵 大炎上を乗り越えた今“恋愛リアリティショー”に思うこと

――このたびはご結婚おめでとうございます! もともと結婚を前提とした交際ではありましたが、なぜこのタイミングでの入籍になったのでしょうか?

友永真也(以下、友永):結婚って簡単にはできないものだと思っているんですよ。出会って1ヵ月で結婚できるかって言われたら、僕は無理なタイプ。相手の育ってきた環境から価値観まで全部知りたいんです。相手のことをいろいろ知って、「やっぱりこの人と結婚したい」と結論を出したのが今だったという感じですね。

岩間恵(以下、岩間):交際してみて、お互い一緒にいることがすごく自然な感覚だと再確認できました。

――どんなプロポーズだったんでしょうか? 『バチェラー・ジャパン』のファンとしては、ものすごくロマンティックで華やかなシチュエーションを想像してしまいますが……!

岩間:じゃあ意外に思わせてしまうかもしれません(笑)。私の実家のリビングで、両親の前でのプロポーズだったんですよ。番組みたいなキラキラした感じではなく、日常のひとコマのようなプロポーズでした。
バチェラー史上初ゴールインの友永真也&岩間恵 大炎上を乗り越えた今“恋愛リアリティショー”に思うこと
バチェラー・ジャパン3の場面写真(C)2019 Warner Bros. International Television Production Limited. All rights reserved.

友永:逆にプロポーズという大切なことは、すごくリアルな日常の場面でしたかったんです。プロポーズ当日のお昼に恵のご家族と温泉に行ったんですが、そのときお父さんと裸で腹割ってしゃべりました。「今夜リビングでプロポーズします」って。恵には言ってへん裏話やけど……。

岩間:自分で前に言っていたよ(笑)。

友永:そうだっけ? はは(笑)。炎上でお互い家族に迷惑かけた部分もあったので、これから恩返ししていきたいと思っています。

――3月に友永さんに単独インタビューした際(※関連記事参照)、「電気つけっぱなし」や「服、脱ぎっぱなし」など岩間さんによく叱られていると聞きました。結婚生活のなかで、相手に直してほしいことはありますか?

岩間:それこそ「~っぱなし」癖は改善されてもいいんじゃないかと思います(笑)。

友永:俺はなんだろう……。う~ん、とくにないかな……。うん。

岩間:まだ完全に同居していないので、お互い見えていない部分はあるかもしれない。

友永:結婚はしましたが、完全に同居するのは10月くらいの予定です。

――まだ一緒に暮らしているわけではなかったんですね。それでもいったん結婚と決めたのはなぜでしょうか?

友永:それはコロナがあったからです。もともと僕は、結婚式をした後、その足で婚姻届けを提出しに行くんだとずっと決めていました。結婚式の前に入籍して失敗した人の話をいろいろ聞いていたので、とにかく慎重に、慎重にと……。でも今のご時世、いつ結婚式ができるかわからない。「それなら今までの自分の考えを全部捨ててみてもいいんじゃないか」と。コロナがなかったら、この考えには至りませんでした。

大炎上を乗り越え、“恋愛リアリティショー”というジャンルに思うこと


バチェラー史上初ゴールインの友永真也&岩間恵 大炎上を乗り越えた今“恋愛リアリティショー”に思うこと

――『バチェラー・ジャパン』視聴者からすると、最初から最後まで友永さんは岩間さん一筋という印象でした。岩間さんご自身は、友永さんの想いをどのように捉えていたのでしょうか?

岩間:ファーストインプレッションローズを受け取ってデートに誘われたときは、「この人は私のことが好きなのかな?」と思ったんですが、だんだんわからなくなっていきました。他の人と一緒に過ごしているときの姿を知らないので、誰に対しても同じように接する人なんじゃないかと不安で……。

――岩間さんが友永さんを振った後、初めてふたりはお互いの想いをゆっくり話し合うことができました。

岩間:相手の気持ちを知って、「そうだったんだ」と初めてわかることがたくさんありました。それで後悔が生まれたんですが、時すでに遅しみたいな……。

――では、友永さんが再び会いに来たときはどんな気持ちだったのでしょうか?

岩間:正直、うれしさよりも「どうすればいいんだろう?」という戸惑いが勝ちました。でも彼の確固たる思いが伝わったからかな。いろいろあって、結局こうなりました。

――おふたりは、どんな気持ちで番組の最終回に挑んだのでしょうか?

岩間:「何があったか、ちゃんと報告しなきゃいけない」という責任感ですね。

友永:僕は岩間恵さんと一緒に『バチェラー・ジャパン』シーズン3という番組のエンディングを迎えたかった。だから大炎上覚悟で、あの場に行きました。
バチェラー史上初ゴールインの友永真也&岩間恵 大炎上を乗り越えた今“恋愛リアリティショー”に思うこと
バチェラー・ジャパン3の場面写真(C)2019 Warner Bros. International Television Production Limited. All rights reserved.

――ごまかそうと思えば、いくらでもごまかせるシチュエーションだったとは思うんですが、正直に報告することを選んだんですね。

友永:僕は嘘をつきたくなかった。プロデューサーの方が「思うようにしていいよ」と声をかけてくださったので、そのお言葉に甘えることにしました。

岩間:当時、真也が「いろいろ大変なことはあると思うけど、何があっても絶対守るし、一緒にいるから」と常に言ってくれたのが心強かったです。

友永:よくドラマや映画で「世界中を敵に回しても君を守り抜く」みたいなセリフがあるじゃないですか。ネットの中の話とはいえ、本当に自分は世界中を敵に回したんだなとびっくりしました(笑)。
バチェラー史上初ゴールインの友永真也&岩間恵 大炎上を乗り越えた今“恋愛リアリティショー”に思うこと
バチェラー・ジャパン3の場面写真(C)2019 Warner Bros. International Television Production Limited. All rights reserved.

――近年は、“恋愛リアリティショー”というジャンルの在り方が問われています。スタッフや視聴者に求めることはありますか?

岩間:リアルを謳っている番組なので、過度な演出や指示は当然いけません。あとは本人が選んだ言動であっても、編集によって見え方は全く異なるものになります。どうしても出演者は、番組に映ったものが全てだと思われてしまう。なので、番組を面白くすることも大事ではありますが、出演者がダメージを負わないようケアしてくれる体制であってほしいです。

友永:視聴者の皆さんには、あくまでエンタメとして番組を観ていただきたいです。出演者は映像に出せない部分でいろいろな事情を抱えています。そういう人間を相手にあれこれ勝手な言葉をぶつけるのはフェアじゃありませんよね。出演者のリアルにまで踏み込むのは止めてほしいです。

――たしかに自分も『バチェラー・ジャパン』を全話視聴していますが、こうしてお話すると、印象が変わる部分が多くあります。

友永:そのために僕らはYouTubeチャンネルを開設したんですよ。等身大の自分たちを知ってほしいんです。

岩間:「番組では嫌いだったけど、YouTubeを観て好きになった」という感想がたくさん届いています。

岩間恵は「自分でやろうって思う力がある」



――交際スタートしてすぐ大炎上というトラブルに向き合うことになってしまいましたね。

友永:そうなんですよ(笑)。これに匹敵するような出来事って人生で今後あるのかな? ふたりで一番大きな壁を乗り越えたからこそ、もう怖いものはありません。

――交際中、「この人と結婚したら幸せだろうな」と感じた瞬間はありましたか?

友永:ヨーロッパ旅行に行ったとき、彼女がほんまに頼もしかったんですよ。英語しゃべれるし、「ここに行くならこうして、こうして……」と計画を立てることもできる。自分でやろうって思う力がある。「生きていく力が強くて、任せられるな」と感じました。

岩間:そうかな?(照)

友永:そうじゃない人はいっぱいおると思うよ。「フランス旅行に来ました。でも私は何もわかりません。おんぶにだっこです」みたいな人が相手だと、たぶん俺はしんどくなっちゃう。
バチェラー史上初ゴールインの友永真也&岩間恵 大炎上を乗り越えた今“恋愛リアリティショー”に思うこと
バチェラー・ジャパン3の場面写真(C)2019 Warner Bros. International Television Production Limited. All rights reserved.

――逆に岩間さんから見て、友永さんの魅力とは何でしょうか?

岩間:皆さんうすうす気づいているかと思うんですが、本当に真也は嘘がないというか……(笑)。取り繕ったりせず、自分の守りたいことや突き詰めたいことに全力投球する。そういう人って、なかなかいませんよね。

友永:ほんまに嘘はつきたくないんですよ。ひとつ嘘をついたら、それを守るためにまた10個ウソついて、100個ウソついて……。そんなことになったら、自分で自分の言葉が信じられなくなっちゃうじゃないですか。

岩間:彼がこういう性格だから、ヒヤヒヤすることは多いです。「それ、正直に言っちゃうの?」とか(笑)。
バチェラー史上初ゴールインの友永真也&岩間恵 大炎上を乗り越えた今“恋愛リアリティショー”に思うこと
バチェラー・ジャパン3の場面写真(C)2019 Warner Bros. International Television Production Limited. All rights reserved.

――そのぶん、岩間さんが1歩引いて母のように見守るバランスなのかなと感じています。

友永:ほんとに、ほんとに。

岩間:細かいところでは衝突しますけどね。「俺はこう思う」「いや、私はこう思うけど」って。

友永:ニュース番組を観ていて、自分の意見を言ったら、すかさず「いや、私はこう思う」と返ってきます。

岩間:なんか疲れそうなカップルだなぁ(笑)。

友永:(笑)。

岩間:でも付き合ったときから遠慮がなかったのがいいかもしれない。今までの恋愛では、相手の顔色をうかがう場面がありましたが、彼に対しては、そういうことが全然ないんですよ。

――友永さんは、今までの恋愛とは何か違いがありますか? 恋愛観に何か変化が起きたとか……。

友永:そんなに考えの変化はないんですよね。バチェラーで最初のデートをしたとき、隣にいる恵を見て「かわいいな」と思って、昨日一緒にゴルフしているときも、パッと横を見て「かわいいな」と思って……。うん、恋愛観は変われへんな。恋愛観そのものは変わらないけど、今まで経験した恋愛感情をだいぶ上回ったから、結婚に至ったんだと思います。独身時代は自分のものだけ好き放題買い物していたけど、今はそれがピタッと止まって、恵のものを買うようになりました。これまで付き合ってきた女性には、そんなことはしなかった。家族ってこういうことやな、こういう気持ちが出てくるんやなと感じました。
バチェラー史上初ゴールインの友永真也&岩間恵 大炎上を乗り越えた今“恋愛リアリティショー”に思うこと
バチェラー・ジャパン3の場面写真(C)2019 Warner Bros. International Television Production Limited. All rights reserved.

――これから、どんな結婚生活をおくりたいですか?

岩間:私は今、東京を拠点に山梨でも仕事をしています。一方、真也は神戸に行く機会が多い。すれ違い生活のように感じるかもしれませんが、お互いのやりたいことを尊重して応援しあうライフスタイルがすごく居心地がいいんですよね。それぞれの生き方があった上で、離れていても常に一緒にいるような感覚と言えば伝わるでしょうか。

友永:ほんまにそれは同意見です。ただ僕は、みんなが憧れるような夫婦像にあこがれてもいるんです。だから早く子どもも欲しいし、犬も猫も飼いたい。

岩間:いろいろなことがあって、多くの人に知られているわけですし、私たちのことを知ってくださる方々になるべく愛される夫婦でいたいです。素直に、謙虚に! ですね。
バチェラー史上初ゴールインの友永真也&岩間恵 大炎上を乗り越えた今“恋愛リアリティショー”に思うこと
バチェラー・ジャパン3の場面写真(C)2019 Warner Bros. International Television Production Limited. All rights reserved.



最新インタビュー

インタビューをもっとみる

最新特集

特集をもっとみる