review

『エール』80話 すぐそこに戦争がある時代における窪田正孝・二階堂ふみの配慮ある演技

       

『エール』第16週「不協和音」 80回〈10月2日(金) 放送 作・清水友佳子 演出:橋爪紳一朗〉

『エール』80話 すぐそこに戦争がある時代における窪田正孝・二階堂ふみの配慮ある演技
イラスト/おうか

木枯、ひさしぶりに登場

音楽挺身隊活動をはじめた音(二階堂ふみ)。やる気になって、慰問先の人たちと一緒に歌を歌ったらどうかと提案し、合唱曲の選曲をすることになった。

どんな曲がいいか考えると、家庭菜園も手につかない。ぼーっとしている音を「まぐろみたい」という華。マグロは寝てるときも止まらないからと。その意見に裕一(窪田正孝)も納得。お母さんのうわーって動いている真似をしている裕一と華は楽しそう。

夜遅くに、鉄男(中村蒼)木枯(野田洋次郎)を連れて、酒を飲もうとやって来た。久しぶりに飲んで騒いだあと、木枯は、作る曲が「軟弱」と言われて採用されなくなっているそうで、鉄男も「忠君愛国」「戦意高揚」を求められる歌詞は書きたくなくて新聞社に戻ったと明かす。

戦時において裕一だけは仕事が途切れない。お国のためにがんばっている人を音楽で応援したい一心で、それが自分にできるたった一つのことだと言う裕一に「真面目だね」と木枯は好意的。でも帰りがけに音に「利用されないといいけど」とぽつりとつぶやき去って行く。

木枯の作っている曲は、いまのご時勢には「軟弱」と言われてしまうが、精神はまったく軟弱でない。空気を読んで立ち回るような生き方を選ばず、自分の作りたい曲を作ろうと踏ん張っているのである。鉄男だってそうだ。信念を守っている。

木枯は裕一の真面目さを肯定し心配すらするが、実際のところ裕一ってどうなんだろう。音楽には罪がなく、裕一も罪がない。純粋に音楽が好きなのと、軍の言う話を信じて、人々を応援する曲を作っている。だが、鉄男によると、軍の発表は日本に都合よく作られていて、本当の戦局は日本に不利な状況らしい。その話に戸惑う裕一。引いた視線で見ると、彼の無垢さは痛々しくもある。

新聞だって本当のことを書きたいけれど書けないところは裕一と似たようなものなのだが、わかっていて耐えているのと、流されているのとではすこし違う。裕一に期待するのは、状況を冷静に見極め、何が大事か自分で判断することである。

あわせて読みたい

レビューの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

トレンドニュース

トレンドランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

朝ドラ「エール」

朝ドラ「エール」

NHK「連続テレビ小説」第102作目のテレビドラマ。窪田正孝、二階堂ふみが、昭和の音楽史を代表する作曲家・古関裕而と、歌手としても活躍したその妻・古関金子を演じる。2020年3月30日~6月26日(放送中断)、9月14日〜11月28日放送。

2020年10月2日のレビュー記事

キーワード一覧

エキサイトレビューとは?

エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。エキサイトニュースは、最新ニュースをすばやくお届け。

その他のオリジナルニュース

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。