review

『エール』76話 いつかまた福島三羽ガラスで楽しい曲を――戦時色深まるなか3人が再びバラバラに 

       

『エール』第16週「不協和音」 76回〈9月28日(月) 放送 作・清水友佳子 演出:鹿島 悠〉

『エール』76話 いつかまた福島三羽ガラスで楽しい曲を――戦時色深まるなか3人が再びバラバラに 
イラスト/おうか

裕一、ニュース歌謡を作る

昭和16年、太平洋戦争がはじまったことで、世の中の戦時色が深まっていく。裕一(窪田正孝)は戦時歌謡のほか、ニュース歌謡も作るようになった。ニュース歌謡とは、戦果を伝えるニュースの内容を盛り込んだ、短時間で作詞作曲をし、生演奏で流す曲のこと。

【レビュー】『エール』第16週「不協和音」毎日レビュー<あらすじ>

裕一が作曲した曲のタイトルがずらずらと映し出される。裕一は、以前はあんなになかなか曲ができなかったのに、いまや、3時間で1曲作るような多作の人になっている。人間、追い詰められると変わるものなのか。あるいはコツを覚えたのかもしれない。もともと才能があるから、あふれるように曲が出てくるようになったのだろう。仕事する顔には貫禄すら出てきたように見える。

そして昭和18年。人々の暮らしは苦しくなり、食べ物も配給になり、毎日お芋ご飯になりながらも、音(二階堂ふみ)の音楽教室は続いている。でも辞めることになる子も出てきた。弘哉も成長して、子役から俳優が変わっている。

発表会も戦争中に不謹慎だとできなかったと音が振り返る。せっかく久しぶりに歌えると思ったのに残念そうな気持ちが、音の口調から感じられた。裕一が作曲家としての貫禄が出てきたのと逆に、以前はあんなに元気だった音が自由をもぎとられて別人のように物静か。

久志、出征する

そんな折、久志(山崎育三郎)に召集令状が届いた。「壮行会なんて絶対やらなくていいから」という久志の心の裏側「やれ」を読み取った裕一と鉄男(中村蒼)は壮行会を行う。店名を「バンブー」から「竹」に改めた梶取夫妻は、お菓子の原料もないので、おからでクッキー(敵性語だけどいいの?)を作って持ってくる。

あわせて読みたい

レビューの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

レビューニュースアクセスランキング

レビューランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

朝ドラ「エール」

朝ドラ「エール」

NHK「連続テレビ小説」第102作目のテレビドラマ。窪田正孝、二階堂ふみが、昭和の音楽史を代表する作曲家・古関裕而と、歌手としても活躍したその妻・古関金子を演じる。2020年3月30日~6月26日(放送中断)、9月14日〜放送中。

2020年9月28日のレビュー記事

キーワード一覧

エキサイトレビューとは?

エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。

その他のオリジナルニュース

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。