review

古川雄大 「エール」で強烈インパクト 絢爛豪華な物語世界に深く誘ってくれるミュージカル俳優

古川雄大 「エール」で強烈インパクト 絢爛豪華な物語世界に深く誘ってくれるミュージカル俳優
イラスト/おうか

「エール」での“朝ドラ”初出演でいきなり強烈なインパクトを残すことに成功


“朝ドラ”こと連続テレビ小説「エール」(NHK)の「ミュージック ティーチャー」ですっかり注目を浴びた古川雄大。“朝ドラ”初出演でいきなり強烈なインパクトを残すことに成功した。

ミュージック ティーチャーは本名・御手洗清太郎。「エール」の主人公・裕一(窪田正孝)の未来の妻・音(二階堂ふみ)の歌の先生。海外帰りのトランスジェンダー設定で、音と裕一(窪田正孝)を熱烈に応援する。言葉遣いはオネエキャラのようだけれど、ピアノを弾く姿をはじめとして立ち居振る舞いはエレガント、話し方は明晰で、物語がビビッドに伝わってくる。明るくさわやかでユーモアがあって、色モノのように見えるが、じつは朝ドラにふさわしいキャラクターにも思えた。

出てくるだけで目が覚める華やかな俳優・古川雄大は、1〜3月期の天海祐希主演の医療ドラマ「トップナイフ -天才脳外科医の条件-」(日本テレビ系)にも出ていた。脚本は「エール」原作者の林宏司。「トップナイフ」ではサーフィンと女性が好きなBARのマスターで、「ミュージックティーチャー」の優雅さとはまた違う、ギラギラした「悩殺王子」。


このふたり、まったくタイプが違うが、2点、瞳で殺すというべき瞳から“色気”がダダ漏れなところと「悩殺王子」「ミュージック ティーチャー」とキャッチフレーズによって記憶に鮮やかに残るアプローチは同じだと感じる。「瞳の色気」そして「キャッチフレーズ」、この2点が人気上昇の要因であろう。「下町ロケット」(18年/TBS系)にも嫌味な農協職員役で出演していた。瞳の色気を負のベクトルにもっていくことで意地悪そうな役にも対応可能である。

あわせて読みたい

レビューの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース
「古川雄大 「エール」で強烈インパクト 絢爛豪華な物語世界に深く誘ってくれるミュージカル俳優」の みんなの反応 3
  • 匿名さん 通報

    葵さんジュリエット初出演は’19年、古川さんはロミオ3回目。初々しいどころか堂々たるものでした。’19年ジュリエットはトリプルキャスト。付け焼刃で変な事書くから、説得力ガタガタですよ……

    4
  • 匿名さん 通報

    彼は19年「エリザベート」ですでにトート役を3か月務めあげています。「満を持して」も「いつか再挑戦してほしい」も、日本語としていかがなものかと…。

    4
  • 匿名さん 通報

    御手洗先生は経歴が西条八十がモデルで、人物像が美輪明宏さんがモデルかな?エールの5週目では要所要所で目立っていましたね。25回目ではタキシードを着ていました。

    0
この記事にコメントする

「連続テレビ小説 + まんぷく」のおすすめ記事

「連続テレビ小説 + まんぷく」のおすすめ記事をもっと見る

次に読みたい関連記事「連続テレビ小説」のニュース

次に読みたい関連記事「連続テレビ小説」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「半分、青い。」のニュース

次に読みたい関連記事「半分、青い。」のニュースをもっと見る

レビューニュースアクセスランキング

レビューランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年5月1日のレビュー記事

キーワード一覧

  1. 連続テレビ小説 まんぷく

エキサイトレビューとは?

エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。

その他のオリジナルニュース

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。