古川雄大 「エール」で強烈インパクト 絢爛豪華な物語世界に深く誘ってくれるミュージカル俳優
イラスト/おうか

「エール」での“朝ドラ”初出演でいきなり強烈なインパクトを残すことに成功


“朝ドラ”こと連続テレビ小説「エール」(NHK)の「ミュージック ティーチャー」ですっかり注目を浴びた古川雄大。“朝ドラ”初出演でいきなり強烈なインパクトを残すことに成功した。

ミュージック ティーチャーは本名・御手洗清太郎。「エール」の主人公・裕一(窪田正孝)の未来の妻・音(二階堂ふみ)の歌の先生。海外帰りのトランスジェンダー設定で、音と裕一(窪田正孝)を熱烈に応援する。言葉遣いはオネエキャラのようだけれど、ピアノを弾く姿をはじめとして立ち居振る舞いはエレガント、話し方は明晰で、物語がビビッドに伝わってくる。明るくさわやかでユーモアがあって、色モノのように見えるが、じつは朝ドラにふさわしいキャラクターにも思えた。

出てくるだけで目が覚める華やかな俳優・古川雄大は、1〜3月期の天海祐希主演の医療ドラマ「トップナイフ -天才脳外科医の条件-」(日本テレビ系)にも出ていた。脚本は「エール」原作者の林宏司。「トップナイフ」ではサーフィンと女性が好きなBARのマスターで、「ミュージックティーチャー」の優雅さとはまた違う、ギラギラした「悩殺王子」。


このふたり、まったくタイプが違うが、2点、瞳で殺すというべき瞳から“色気”がダダ漏れなところと「悩殺王子」「ミュージック ティーチャー」とキャッチフレーズによって記憶に鮮やかに残るアプローチは同じだと感じる。「瞳の色気」そして「キャッチフレーズ」、この2点が人気上昇の要因であろう。「下町ロケット」(18年/TBS系)にも嫌味な農協職員役で出演していた。瞳の色気を負のベクトルにもっていくことで意地悪そうな役にも対応可能である。

この記事の画像

「古川雄大 「エール」で強烈インパクト 絢爛豪華な物語世界に深く誘ってくれるミュージカル俳優」の画像1 「古川雄大 「エール」で強烈インパクト 絢爛豪華な物語世界に深く誘ってくれるミュージカル俳優」の画像2 「古川雄大 「エール」で強烈インパクト 絢爛豪華な物語世界に深く誘ってくれるミュージカル俳優」の画像3 「古川雄大 「エール」で強烈インパクト 絢爛豪華な物語世界に深く誘ってくれるミュージカル俳優」の画像4