review

『エール』75話 福島三羽ガラスで作った「暁に祈る」が戦意高揚になるとされることに複雑な裕一たち

       

『エール』第15週「先生のうた」 75回〈9月25日(金) 放送 作・清水友佳子 演出:鹿島 悠〉

『エール』75話 福島三羽ガラスで作った「暁に祈る」が戦意高揚になるとされることに複雑な裕一たち
イラスト/おうか

藤堂先生、出征する

「歌って心の支えになるだろう。もし村野と古山の作ってくれた曲とともに行けたら、こんなに心強いことはない」

裕一(窪田正孝)鉄男(中村蒼)久志(山崎育三郎)の恩師・藤堂(森山直太朗)が出征することになった。鉄男は恩師への想いをこめて、今一度「暁に祈る」の歌詞を書く。

書き上げた7稿目。そこには「馬」という言葉は1回しか出てこない。でも、愛馬と共に過ごした思い出を胸に戦地に赴く者のこころが歌われている。これまで厳しく何度も書き直しを要請してきた武田少佐(斎藤歩)も「これでいきましょう」とやっと認めてくれた。

鉄男の歌詞と裕一の曲と久志の歌。3人の恩師・藤堂への想い(祈り)のこもった「暁に祈る」に見送られ、藤堂は戦地に旅立っていく。妻・昌子(堀内敬子)と幼い息子を残して。

昭和15年に映画の封切りとともに発売された「暁の祈り」が大ヒットし、鉄男は作詞家としてようやく世間に認められるようになる。いい話に水をさすのもなんだが、藤堂先生は曲が売り出される前に曲を聞かせてもらって旅立ったのだろうか。

それはともかく。藤堂先生、いかにも文学青年(音楽青年?)ふうで、カラダを張って戦うというイメージからほど遠い。父親が軍人で、その後を継ぐという話も前々からあって悩んでいたエピソードもあるから唐突ではない。藤堂先生のような人が戦争に行くことで、戦争が激化し、太平洋戦争に入っていく状況が浮き彫りになってくる。

戦意高揚なのか、そうではないのか

バンブーの保(野間口徹)に「今や兵隊の見送りといえば『暁〜』。出征には欠かせない曲だ」と言われた裕一と鉄男の表情は微妙だった。笑顔がふっと止まって視線が落ちる。

武田少佐に「やや感傷的」ではあるが、帰らぬ覚悟で戦地に向かう歌詞は「国民の戦意を高揚させるすばらしい歌詞だと思います」と歌詞が認められたことを思い出す。出征していく恩師が無事であるように祈りをこめて作った曲が、戦意高揚になることを一瞬噛み締め、話題を変える。鉄男にとっても作詞家としての仕事が増えたことは喜ばしいことなのだろうけれど……。

あわせて読みたい

レビューの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

レビューニュースアクセスランキング

レビューランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

朝ドラ「エール」

朝ドラ「エール」

NHK「連続テレビ小説」第102作目のテレビドラマ。窪田正孝、二階堂ふみが、昭和の音楽史を代表する作曲家・古関裕而と、歌手としても活躍したその妻・古関金子を演じる。2020年3月30日~6月26日(放送中断)、9月14日〜放送中。

2020年9月25日のレビュー記事

キーワード一覧

エキサイトレビューとは?

エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。

その他のオリジナルニュース

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。