review

『エール』久志・鉄男・裕一の“原点”藤堂先生の出征が明らかに 74話

       

『エール』第15週「先生のうた」 74回〈9月24日(木) 放送 作・清水友佳子 演出:鹿島 悠〉

『エール』久志・鉄男・裕一の“原点”藤堂先生の出征が明らかに 74話
イラスト/おうか

裕一と鉄男、福島へ――

“軍馬に関する世間の関心を高める”映画『暁に祈る』の主題歌を頼まれた鉄男(中村蒼)は6回書き直しても、軍の気に入るものを書けない。もう一回チャンスをもらったものの、鉄男はすっかりやる気を失っていた。

鉄男自身は何度もダメ出しをされて心が折れていることもあるし、そもそも軍の意向に気が進まないようだが、裕一(窪田正孝)は諦めきれない。何らかのきっかけを掴ませようと鉄男を連れて故郷・福島に向かうことにする。

その話を聞いて、喫茶バンブーの保(野間口徹)は「原点に返る」行為と理解する。生まれ故郷は誰にとっても「原点」である。生まれて初めて見た原風景はいつまでもなんらかの影響を与えるもの。

裕一がそう考えたのは、弘哉に与えたハーモニカが彼の心を変えたことが作用しているかもしれない。ハーモニカは裕一の音楽の原点だからだ。

「そっか」と裕一が名案を思いついたとき、70話の冒頭で裕一が曲を思いついたときに流れた、魔法にかけられたような劇伴がかかっていた。

久志もやって来た

あじさい咲き乱れる福島に裕一と鉄男が帰ってくると、久志(山崎育三郎)がいた。ふたりが帰郷したと聞いて追いかけてきたらしい。父親が年老いているので時々、帰省しているそうだ。久志は、割烹着を身に着け、かいがいしく、まさ(菊池桃子)の手伝いをする。

久志はサービス精神のある人物なのだなあと思う。大人になった久志は子供の頃よりずいぶんちゃらくなった気もするが、誰かの世話をしないではいられないところは子供のときから変わっていない。そこが彼の原点でもあるかもしれない。

あわせて読みたい

レビューの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

レビューニュースアクセスランキング

レビューランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

朝ドラ「エール」

朝ドラ「エール」

NHK「連続テレビ小説」第102作目のテレビドラマ。窪田正孝、二階堂ふみが、昭和の音楽史を代表する作曲家・古関裕而と、歌手としても活躍したその妻・古関金子を演じる。2020年3月30日~6月26日(放送中断)、9月14日〜放送中。

2020年9月24日のレビュー記事

キーワード一覧

エキサイトレビューとは?

エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。

その他のオリジナルニュース

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。