review

『エール』の裕一とモデル古関裕而の「露営の歌」誕生の相違点はここだ

       

『エール』第15週「先生のうた」 71回〈9月21日(月) 放送 作・清水友佳子 演出:鹿島 悠〉

『エール』の裕一とモデル古関裕而の「露営の歌」誕生の相違点はここだ
イラスト/おうか

裕一、「露営の歌」が大ヒット

昭和12年、日中戦争が勃発し、徐々に日本国民の生活にも影響を及ぼし始める。

雨のなか、出征していく人たちを「万歳、万歳」と見送る人たちの姿を遠くから見つめる裕一(窪田正孝)、音(二階堂ふみ)、華(田中乃愛)。雨のせいか画面がほんの少しけぶって見える。冒頭に流れたこの時代の実際のフィルムのモノクロに色調を合わせたのだろうか。これまでの『エール』の明るい画面とは少し印象が違って見え、時代の変化を感じさせるようだった。

その夏、裕一は新聞で見た「露営の歌」の歌詞に惹かれ、自主的に曲を作る。すると、ちょうど廿日市(古田新太)からこの歌詞の作曲を頼まれる。この曲を久志(山崎育三郎)が歌い、50万枚のヒット。裕一はついに売れっ子作曲家の仲間入りをはたした。

これまであれだけ裕一を小馬鹿にしてきた廿日市までが手土産を持って家に訪ねて来て、「先生」「いずれこうなると信じてましたがね」などと媚びるようになる。

いまや音楽業界は「国意高揚」「忠君愛国」を煽る曲で売上を成り立たせているのだと廿日市は言う。コロンブスに限らずどこのレコード会社も同じく、時代に合わせて生きていく。それが生き延びるための最大の方法なのだ。廿日市の人として矮小な調子の良さは小市民そのもの。それは憎みきれない、むしろ愛すべき存在に映る。日本に愛国精神が広まっていることは、華が無邪気に書く習字が「日本」であることからもわかる。

古関裕而の「露営の歌」はどうだったか

裕一のモデルである作曲家・古関裕而は昭和12年、妻・金子と満州に旅行に行っている。そこには金子の兄や妹が暮らしていた。古関夫妻は日露戦争の激戦地跡を見てまわり、その帰国途中、読んだ新聞に「露営の歌」の歌詞が掲載されていた。大阪毎日新聞社と東京日日新聞社が共同で募集した「進軍の歌」の第2位に選ばれた薮内喜一郎の書いた詩は、古関が特急の各駅で見た出征兵士の出発状況や満州で見た戦争の跡と重なった。

あわせて読みたい

レビューの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

レビューニュースアクセスランキング

レビューランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

朝ドラ「エール」

朝ドラ「エール」

NHK「連続テレビ小説」第102作目のテレビドラマ。窪田正孝、二階堂ふみが、昭和の音楽史を代表する作曲家・古関裕而と、歌手としても活躍したその妻・古関金子を演じる。2020年3月30日~6月26日(放送中断)、9月14日〜放送中。

2020年9月21日のレビュー記事

キーワード一覧

エキサイトレビューとは?

エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。

その他のオリジナルニュース

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。