review

『エール』志村けんが久々に登場 行き場のない吟と好き勝手する音は対決 73話

       

『エール』第15週「先生のうた」 73回〈9月23日(水) 放送 作・清水友佳子 演出:鹿島 悠〉

『エール』志村けんが久々に登場 行き場のない吟と好き勝手する音は対決 73話
イラスト/おうか

小山田、登場

73回の見どころは、重鎮作曲家・小山田耕三役の志村けんが久々に出てきたこと。撮影途中でコロナに感染して亡くなった志村けんの出番がまだあるのだと思うと嬉しい。

小山田もこのご時勢、「愛国歌謡」を作っている。「私自らの音楽人生をこの日本国に捧げる覚悟です」とさえ言う。小山田は国のために音楽を作る。裕一も国からそれを期待されているが、どうなるんだろうか。

これまで何かと若き裕一を意識して、芽を潰そうしているのではないか疑惑もあった小山田だが、今後、裕一との全面対決が描かれるのだろうか、気になる。

軍からのOKが出ない

“軍馬に関する世間の関心を高める”映画『暁に祈る』の主題歌を頼まれた鉄男(中村蒼)だったが、何度も書き直しを要求されもう5回め。裕一の記録を越えてしまった。

ドラマのなかでは具体的に何を求められているのか描かれてはいない。「軟弱過ぎ」ず、雄々しいものを求められているのだろう。書き直した馬の詩は、馬を女性に例えたような、馬の美しさを愛でるようなものになっていた。たしかに、さすがにこういうものではない気もしないではない。鉄男は「福島行進曲」といい、恋の歌が得意なのだろう。

「愛馬精神」「軍馬への関心」をどう描くか悩んでいると、おでん屋でひとり飲む白石(兼松若人)が戦場について語るのを耳にする。負傷して戦線から外れた白石は、戦場は地獄で「心を殺さないとやっていられない」と苦々しくつぶやく。この白石との出会いが鉄男の歌詞を変えるか――と思ったら……

その後、6稿目の歌詞を見せると、ほかの作詞家に頼むと言われてしまう。いったいどんな歌詞を書いたのか。軍としては「国意高揚」が目的で、とにかく鉄男にはそれが足りないようだ。

あわせて読みたい

レビューの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

レビューニュースアクセスランキング

レビューランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

朝ドラ「エール」

朝ドラ「エール」

NHK「連続テレビ小説」第102作目のテレビドラマ。窪田正孝、二階堂ふみが、昭和の音楽史を代表する作曲家・古関裕而と、歌手としても活躍したその妻・古関金子を演じる。2020年3月30日~6月26日(放送中断)、9月14日〜放送中。

2020年9月23日のレビュー記事

キーワード一覧

エキサイトレビューとは?

エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。

その他のオリジナルニュース

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。