review

『エール』窪田正孝の結果から逆算しない演技 この瞬間の裕一を演じる窪田の今後の気持ちに注目

       

『エール』第16週「不協和音」 77回〈9月29日(火) 放送 作・清水友佳子 演出:鹿島 悠〉

『エール』窪田正孝の結果から逆算しない演技 この瞬間の裕一を演じる窪田の今後の気持ちに注目
イラスト/おうか

音、婦人会に参加する

佐智子もシズ子も、音楽教室の生徒が続々辞めて、華(根本真陽)弘哉(山時聡真)のみになった。正確にいえば、華は娘だから、生徒は弘哉だけに。彼女たちに語りかける音(二階堂ふみ)はすっかり声が小さい。生徒が辞めるときにハキハキ明るいのもおかしいとはいえ、それにしても以前と違う。

【レビュー】『エール』第16週「不協和音」毎日レビュー<あらすじ>

雨のなか、傘をさして音が配給に並んでいると、吟(松井玲奈)がやって来て、国防婦人会に参加するよう勧める。出席しないと配給にも差が出るからと。なんだか最近雨が多い。

音はしぶしぶ参加して、婦人会の心得を唱えたり、竹槍を作ったりする。「私共は日本婦人であります」 音の声の小ささは、こういうときに生きてくる。班長・佐々木克子(峯村リエ)は大きな声で、音にももっと大きな声を出すように迫り、音はそこでようやく声を大きく出す。皮肉にもその落差が妙味となる。

婦人会の帰り、音は喫茶・竹に行って愚痴る。竹槍のあとの喫茶・竹。すると、保(野間口徹)恵(仲里依紗)が婦人会のことを声に出して批判することを注意する。婦人会のちからは大きいのである。

今、世の中は、婦人会の力が強く、婦人会に参加しない者の立場は弱い。音の声の小ささは、多数派に属していない遠慮もあるだろう。あるいは、好きなことを自由に語れなくなっていることの表れでもあるだろう。どんなときでもハキハキ元気なヒロインもいるけれど、音は自分の気分や世界の空気に正直なヒロインである。以前だったら、吟に口うるさく言われたら、同じようなテンションでやり込めていただろうが、音は黙って吟と腕を組む。それは成長なのか諦念なのか見る者の想像に任される。

それに比べて、婦人会の人たちは、「私共は日本婦人であります」とハキハキと元気。でも、彼女たちの声の大きさ、強さは無理して頑張っているように見える。

あわせて読みたい

レビューの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

レビューニュースアクセスランキング

レビューランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

朝ドラ「エール」

朝ドラ「エール」

NHK「連続テレビ小説」第102作目のテレビドラマ。窪田正孝、二階堂ふみが、昭和の音楽史を代表する作曲家・古関裕而と、歌手としても活躍したその妻・古関金子を演じる。2020年3月30日~6月26日(放送中断)、9月14日〜放送中。

2020年9月29日のレビュー記事

キーワード一覧

エキサイトレビューとは?

エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。

その他のオリジナルニュース

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。