review

『エール』79話 音が軍隊のようだと感じた「音楽挺身隊」 「戦時歌謡」の役割とは?

       

『エール』第16週「不協和音」 79回〈10月1日(木) 放送 作・清水友佳子 演出:橋爪紳一朗〉

『エール』79話 音が軍隊のようだと感じた「音楽挺身隊」 「戦時歌謡」の役割とは?
イラスト/おうか

音楽挺身隊とは

音(二階堂ふみ)は少しでも音楽に触れようと音楽挺身隊に参加する。挺身隊の部屋には「勝って兜の緒を締めよ」「燃ゆる感謝は慰問で示せ」「仰げよ武勲 捧げよ感謝」と書いた紙が貼ってある。
音たちの前に立った顧問・神林康子(円成寺あや)は「音楽は戦力増強の糧である」と凛々しく語る。

史実によると、音楽挺身隊とは、国民の慰安と鼓舞激励のため活動した。昭和16年8月、前年に創立された日本演奏家協会の全会員2300人を動員して結成され、その会長だった山田耕筰が隊長をつとめた。山田耕筰は『エール』で志村けんが演じている小山田耕三のモデルとされる人物である。

「からたちの花」「赤とんぼ」など不朽の名曲を多く作る一方で、日中戦争時には、陸軍省情報部嘱託となって国や軍の関わる演奏会に参加、自ら指揮し、軍国歌謡も多く手掛けた(『エール』では「戦時歌謡」を使用しているが、参考にした大阪音楽大学のホームページには「軍国歌謡」とあったのでそのまま記します)。

『エール』でも小山田は音楽挺身隊に関わっていて、裕一の妻の音が参加したことを知る。音は小山田に自分の存在を知られているとは知らない。

音は楽挺身隊で音楽学校時代の同級生・潔子(清水葉月)と再会。音楽学校出身者が多く参加していると聞く。そこは挺身隊というより軍隊のようだと感じた音は緊張する。音楽の話より戦争の話ばかりでついていけるかなあと不安になるが、裕一に励まされ、慰問で明るく歌うようになる。

音を明るく励ます裕一を見ていると、悪気なく、深くものを考えない癖がついているように感じる。深く考えはじめると、今の仕事(戦時歌謡)に疑問が出てきてしまうからではないだろうか。今、できることを精一杯やることも悪いことではないが、立ち止まって考えることが大事なときもある。

あわせて読みたい

レビューの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

レビューニュースアクセスランキング

レビューランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

朝ドラ「エール」

朝ドラ「エール」

NHK「連続テレビ小説」第102作目のテレビドラマ。窪田正孝、二階堂ふみが、昭和の音楽史を代表する作曲家・古関裕而と、歌手としても活躍したその妻・古関金子を演じる。2020年3月30日~6月26日(放送中断)、9月14日〜放送中。

2020年10月1日のレビュー記事

キーワード一覧

エキサイトレビューとは?

エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。

その他のオリジナルニュース

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。