review

『24 JAPAN』不気味な余韻残した4話 獅堂(唐沢寿明)を慌てさせた陣元は何者なのか

       
『24 JAPAN』不気味な余韻残した4話 獅堂(唐沢寿明)を慌てさせた陣元は何者なのか
イラスト/AYAMI

深夜3時〜4時を描く『24 JAPAN』4話

「まだ30分。そんな簡単にはいかんよ。こんな深夜じゃ相手が起きてるかどうかもわからんよ」
「起こしてでも調べて。いま3時過ぎ。4時までに調べて」

【前話レビュー】物語を加速させる郷中と三上の死 朝倉麗を脅かす家族の過去も明らかに

ピッ・ピッ・ピ
『24 JAPAN』(テレビ朝日系 毎週金よる11時15分〜)。第4話は、深夜3時〜4時の出来事。夜が深くなってきたが、事件はますます大事になってきて、誰一人眠そうな登場人物はいない。眠らない街・東京。またひとり死亡者も……。

前述のセリフは、闇の情報屋・上州(でんでん)と首相候補・朝倉麗(仲間由紀恵)の電話での会話。麗の娘・日奈(森マリア)と息子・夕太(今井悠貴)の秘密が何者かにリークされて、子供たちを守ろうと麗は必死である。

ふたりが地下駐車場で密会していたのはつい30分前。こんな深夜でも麗は容赦なく、上州を働かせる。上州けっこう高齢者っぽいのに頑張るなあ。「こんな深夜じゃ相手が起きてるかどうかもわからんよ」ってあまりにも正論。

選挙事務所代わりのホテルに戻ってきた麗。自分の暗殺計画があると聞いて「それでこの騒ぎ。大丈夫よ」とあっさり。これまでも暗殺計画があったから慣れっこで、それよりも子供たちのことが心配。首相候補ともなると腹のくくり方が違う。総選挙の投票日に、こんなにいろいろなことがあってもメンタル混乱しないのもすごい。

魅力増すクールビューティー水石

本家『24』にしても『24 JAPAN』にしても、国家規模の大事件と家族の問題とが平行して描かれていて、それぞれの価値を見る者に突きつけてくる。が、本家よりも日本版のほうが、家族問題や痴話喧嘩が目立って見える。

獅堂「怒ってるのか」
水石「ええ怒ってるわ。当たり前でしょ」
獅堂「すまない」

水石「だからって私を疑うなんて。ひどい」
獅堂「悪かった。すまない」

あわせて読みたい

レビューの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

トレンドニュース

トレンドランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

24 JAPAN

24 JAPAN

凶悪なテロ事件と戦う姿を描いた米国ドラマ『24』(2001年)を、テレビ朝日が20世紀FOX社と組んでリメイク。唐沢寿明を主演に迎え、“日本初の女性総理”が誕生するまでの24時間を克明に描く。テレビ朝日系にて、2020年10月9日〜放送中。

2020年11月1日のレビュー記事

キーワード一覧

エキサイトレビューとは?

エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。エキサイトニュースは、最新ニュースをすばやくお届け。

その他のオリジナルニュース

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。