review

『24 JAPAN』丁寧に描かれる登場人物の心情 画面分割の演出で受けるスリルもMAXに

       
『24 JAPAN』丁寧に描かれる登場人物の心情 画面分割の演出で受けるスリルもMAXに
イラスト/AYAMI

心理的な緊迫感大事に『24 JAPAN』5話

「トランプ対バイデン」アメリカ大統領総選挙のさなか。日本の首相の予備選挙当日の夜中の出来事を描く『24 JAPAN』(テレビ朝日系 毎週金よる11時15分〜)。第5話は、深夜4時〜5時。

【前話レビュー】不気味な余韻残した4話 獅堂を慌てさせた陣元は何者なのか

4時ともなると挨拶は「おはよう」。首相候補・朝倉麗(仲間由紀恵)の愛娘・日奈(森マリア)が「おはよう」と今日の晴れ舞台を控えた母のためにまめまめしく珈琲をいれる。純粋無垢そうな日奈だが、彼女には人に知られたくない秘密があった。それをなんとしても守りたい母心。

娘の手製のアップルパイを「美味しかった」と微笑む麗。今日のおめざにしたのだろうか。アップルパイの甘さは眼が覚めそう。

5話まで進んで、国を揺るがす首相候補暗殺計画よりも、その事件に翻弄される人々、それぞれの家族のかげがえのなさに焦点がますます強く当たってくる。

車に轢かれて亡くなったかと思った函崎寿々(柳美稀)はまだ生きていて、病院に運ばれ緊急手術を受けていた。病院に駆けつける六花(木村多江)と函崎(神尾佑)。美有(桜田ひより)の行方はいぜんわからず、六花は途方にくれる。

頼りの夫・獅堂(唐沢寿明)は暗殺事件の捜査で手いっぱいで病院に駆けつけることは難しいが、一時は別居していた六花との関係が、皮肉にも娘の行方不明をきっかけに密にならざるを得なくなっていく。

「相性ってもんがあるんだよ、友人同士にも恋人同士にも、取り調べ官と犯人の間にも」

4話のクライマックスに登場した暗殺計画の重要参考人・陣元(渋谷謙人)鬼束(佐野史郎)の取り調べをはぐらかし、獅堂を希望する。

これはなかなかいいセリフ。家族の絆だけでなく、事件の加害者と捜査する側も人間関係が肝。

あわせて読みたい

レビューの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

トレンドニュース

トレンドランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

24 JAPAN

24 JAPAN

凶悪なテロ事件と戦う姿を描いた米国ドラマ『24』(2001年)を、テレビ朝日が20世紀FOX社と組んでリメイク。唐沢寿明を主演に迎え、“日本初の女性総理”が誕生するまでの24時間を克明に描く。テレビ朝日系にて、2020年10月9日〜放送中。

2020年11月8日のレビュー記事

キーワード一覧

エキサイトレビューとは?

エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。エキサイトニュースは、最新ニュースをすばやくお届け。

その他のオリジナルニュース

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。