review

『監察医 朝顔』が現代的なドラマである所以は生活のディテールを丹念に描いている点

『監察医 朝顔』が現代的なドラマである所以は生活のディテールを丹念に描いている点
イラスト/ゆいざえもん

人生の希望描く『監察医 朝顔』

朝、桑原真也(風間俊介)の顔に生足。まさか、朝顔(上野樹里)?と思ったら、娘・つぐみ(加藤柚凪)の足だった。下手(しもて)から桑原、つぐみ、朝顔、川の字で寝ている3人親子。布団というのも日本情緒。

【前話レビュー】『監察医 朝顔』1話 傷を抱えながら人々の“生きた証”を残す朝顔が愛された理由

そこへ茶子先生(山口智子)から電話で呼び出しが入る。朝顔はつぐみと出かける予定だったが、急な仕事が入って、つぐみは拗ねてしまう。

『監察医 朝顔』第2話。野球のユニフォームを着た14歳の少年の死体が校庭のフェンスの脇で発見され、その遺体の解剖を朝顔が行うことになった。

少年の手のひらに豆のような結節。みぞおちには殴られたような痣。虫歯はない。……等々、遺体から情報の数々がわかっていく。

死因はみぞおちの怪我。何者かに殴られたとしたら殺人。それとも、単なる事故か。検視官の丸屋(杉本哲太)は結論を急ぎたがるが、簡単にはいかない。

被害者の矢野諒(池田優斗)の父は報を受けて慌たため、あいにく階段から落ちて意識不明になってしまった。代わりに身元確認に現れたのは祖母と双子の兄・一馬(池田優斗/一人二役)。双子なのに野球の才能が全然違い、一馬は優れていて、諒は劣っていた。まるで、あだち充の『タッチ』みたいな設定だ。

真っ先に疑われたのは監督の三輪(金ちゃん)。たびたび部員たちにハラスメントを行っていたらしい彼が、金属バットで少年のみぞおちを殴ったのではないか。

茶子先生は、一馬と諒の双子が似ていないと言う。片方は、ボワンワンワンとしていて、片方は モワーンとしているとじつに感覚的なことを。その前に、唯一無二の、茶子の珈琲豆の話をしていることにも注目。世の中には同じものはひとつとしてないということを強調し、そっくりな双子にも必ず違いがあることを示唆する。

あわせて読みたい

レビューの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

トレンドニュースランキング

トレンドランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

監察医 朝顔

監察医 朝顔

上野樹里主演、遺体の“生きた証”を探す異色の父娘のかけがえのない日々を描き切るヒューマンドラマ。第2シーズンは月9史上初の2クールで届けられた。フジテレビ系にて、2020年11月2日〜2021年3月22日放送。

エキサイトレビューとは?

エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。エキサイトニュースは、最新ニュースをすばやくお届け。

その他のオリジナルニュース

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。

お買いものリンク