review

華、軽い女になる 『エール』が急に喜劇調になってきた理由<ネタバレ>

       

『エール』第23週「恋のメロディ」 113回〈11月18日(水) 放送 作:吉田照幸、演出:吉田照幸、安食大輔、谷口尊洋〉

華、軽い女になる 『エール』が急に喜劇調になってきた理由<ネタバレ>
イラスト/おうか

急に喜劇調になってきた背景を考える

112回はコント仕立て、113回も「華、軽い女になる」ところを重い音楽を流し、音(二階堂ふみ)にツッコミを入れさせるなど、コント仕立て。どうした『エール』? 『あさイチ』でも、主題が変わってきたと近江アナ、大吉は「普通がいちばん」とつぶやいていた。

【前話レビュー】コント仕立てに津田健次郎の吹き替え祭り 朝ドラあるある“違うドラマがはじまったかと思った”

こうなったことを解釈すると、ドラマで描かれる戦後の新しい時代が変わったせいもあるし、裕一(窪田正孝)が、池田(北村有起哉)のエンターテイメント制作会社・東都入社をきっかけに、念願の、西洋音楽の知識をふんだんに使ったミュージカルを作ることができるようになったからでもあると考えられる。

裕一が手掛ける帝都劇場で上演されるミュージカルは、マゲモノスペクタクル『恋すれど恋すれど物語』。実際、昭和31年、帝国劇場で『恋すれど恋すれど物語』が上演されている。

筆者が、当時を知る東宝のプロデューサーに話を聞いたところ、最初、この作品を、池田のモデル菊田一夫は「ミュージカル」ではなく「喜劇」という扱いにしていたが、東宝の創業者・小林一三が「ミュージカル」に変更したそうだ。

――東宝では、昭和26年 “帝劇コミックオペラ”『モルガンお雪』を公演し、3作目から“帝劇ミュージカルス”になりましたが、昭和29年から帝劇は老朽化の為映画上映の劇場となりました。

昭和30年、小林一三大先生が菊田先生を東宝に迎えていきなり取締役に抜擢しました。東宝の演劇を全部任された菊田先生は、昭和31年から、第1回東宝ミュージカル『恋すれど恋すれど物語』(菊田一夫 脚本・演出、古関裕而 音楽)をはじめました。『泣きべそ天女』という飯沢匡さんの作品との2本立てでした。

このとき、最初の台本では“東宝喜劇『恋すれど恋すれど物語』”だったのですが、小林一三大先生によって「東宝喜劇」の「喜劇」を赤鉛筆で消されて「ミュージカル」と修正が入りました。

――菊田先生は、ゆくゆく本格ミュージカルをおやりになるつもりだったので、“ミュージカル”と名がつくことに思うところもあり「これはアチャラカです」と返したものの、小林さん大先生が「面白ければいいじゃないか」と言って「東宝ミュージカル」でいくことになったんです。

以後「東宝ミュージカル」として公演が十何回まで続きました。笑いあり、歌あり、踊りあり、それで最後にちょっと泣かせて、最後に必ず豪華なショー場面が付くもので、豪華な顔触れのスターたちばかりで観客は常にたくさん入っていました。

(ヤフーニュース個人より
https://news.yahoo.co.jp/byline/kimatafuyu/20201118-00208194/

ミュージカルと喜劇じゃ全然違うもののように思うが、広い意味で娯楽という点では同じ。実際、初期の東宝ミュージカルは歌あり笑いありのお芝居と豪華なショーで行われていたわけで、音楽家の話『エール』がコント仕立てである理由は、ここから来ていると考えても間違いとは言えないだろう。

華、軽い女になる 『エール』が急に喜劇調になってきた理由<ネタバレ>
写真提供/NHK

ルパンレッドとの哀しい別れ

急に出てこなくなったなと思った野球少年・渉くん(ルパンレッドこと伊藤あさひ)。華と別れていた。

夢のプロ野球選手になれなかった彼に、社会人野球でもいいじゃないか、私が支える、と言う華に「重すぎる」と別れを告げて去っていく渉くん(それをそっと見守る、保と恵。まるで劇団吉田照幸の一員のような麗しい献身)。

夢やぶれて落ち込んでいる彼に、もっと頑張れみたいなことを言うのは、当人にはつらいもの。気を紛らわしてほしいのに、華にはそれがわからない。それだけ本人はつらいことに華は気づけていなかった。……恋愛あるある、ですね。

あわせて読みたい

レビューの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

トレンドニュース

トレンドランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

朝ドラ「エール」

朝ドラ「エール」

NHK「連続テレビ小説」第102作目のテレビドラマ。窪田正孝、二階堂ふみが、昭和の音楽史を代表する作曲家・古関裕而と、歌手としても活躍したその妻・古関金子を演じる。2020年3月30日~6月26日(放送中断)、9月14日〜11月28日放送。

2020年11月18日のレビュー記事

キーワード一覧

エキサイトレビューとは?

エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。エキサイトニュースは、最新ニュースをすばやくお届け。

その他のオリジナルニュース

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。