review

『エール』115話 経年と病気になった裕一を演じる窪田正孝のリアリティー<ネタバレ>

       

『エール』第23週「恋のメロディ」 115回〈11月20日(金) 放送 作:吉田照幸、演出:吉田照幸、安食大輔、谷口尊洋〉

『エール』115話 経年と病気になった裕一を演じる窪田正孝のリアリティー<ネタバレ>
イラスト/おうか

「今書いている音楽が逃げちゃいそう」

華(古川琴音)が恋した相手はロカビリー歌手。それを知った音(二階堂ふみ)裕一(窪田正孝)がどう思うか、心配になる。裕一はクラシックで育ち、いまもそれを生業にしているのだから。

【前話レビュー】リハビリという困難を共に乗り越えて近づいていく霧島と華の心<ネタバレ>

一度、ロカビリーのレコードを聞かせてみるが、裕一はたちまち「今書いている音楽が逃げちゃいそう」とさわりで止めてしまう。

「今書いている音楽が逃げちゃいそう」

このセリフは、音楽に対する裕一の気持ちが伝わる、生きたセリフだと感じる。

取り付く島がないことを感じながら音は、廊下で、ロカビリーのリズムに乗って歩いていく。裕一と同じくクラシックを愛してきたはずの音だが、すでにロカビリーにハマっている?

このノリは二階堂ふみの達者さゆえ成立しているのであろう。ちょっと『ムー』『ムー一族』の樹木希林のようにも見えた。

『ムー一族』とは昭和にTBSで放送されていたホームドラマ。下町の足袋屋の家族を中心に、近所の人たちも関わってきて、ドタバタ喜劇が繰り広げられる。歌あり、生放送ありの、バラエティー感のあるものなのだが、脚本と演出と俳優が盤石で、グダグダのようできちっと作られている、当時のテレビ番組の制作力の凄みを感じる番組だった。

『エール』の主人公が作曲家ということで、音楽をふんだんに、ときにシリアスに、ときにコント仕立てで、描いてきた。『エール』は、令和に生まれた音楽とコントによるドラマ。23週は華の結婚に関する問題を、ひたすらコント仕立てで描く。

冒頭の、ヒゲを生やした保(野間口徹)恵(仲里依紗)の動きの完成度が高い。恵がノリノリでカメラの前を横切っていくところがいかにもコント番組で、仲里依紗の勘の良さに見惚れた。

裕一、胃潰瘍になる

裕一は働き過ぎで胃潰瘍になって、華の勤務している病院に入院する。裕一に華と結婚を前提に付き合わせてくださいと挨拶したいと希望している霧島(宮沢氷魚)にとって好都合。さっそく「お父さん」「お父さん」と裕一に話しかけるが、音と華は時期尚早と判断し、誤魔化すことに必死になる。霧島もそれを理解して、ロカビリー歌手であることを隠し、鳶職のフリをする。何も知らない裕一は、同室になった霧島に親しげに話しかけるが、霧島は必死に避ける。

パジャマ姿の裕一の首がひょろりと長く、肩もちょっと下がって、戦争編の頃より痩せて見えた。裕一が年をとったことと、胃潰瘍になったことにリアリティーを感じた。

音が誤魔化すときに、音が「白鳥!」と窓を指し、「鳩でしょう?」と華。だが、裕一が見ると、本当に白鳥が数羽翔んでいる。この白鳥が、115回のオチにもなっている。ようやく霧島が退院するとき、鳶職でないことがバレそうになって……で、最終週につづく。

いやあ、てっきり、華の結婚問題は、今週解決して、最終週は、オリンピックと主人公夫婦愛をしっかり描くのかと思っていたので、華の結婚問題を最終週まで引っ張るとわかって驚いた。

これもまた、朝ドラ名物

朝ドラ名物には“幽霊登場”や“立ち聞きして情報が拡散する”などのライトなものから、“最終回かと思った”というような大規模なものまで、様々ある。

まだ途中にもかかわらず最終回かと思うような展開は、半年もの長丁場なので、途中にクライマックス感も作ってメリハリをつけていくのは当然のこと。だが、途中で盛り上がってしまったがため、あるいは、長丁場のため、後半、息切れしてしまうこともある。

あわせて読みたい

レビューの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース
「『エール』115話 経年と病気になった裕一を演じる窪田正孝のリアリティー<ネタバレ>」の みんなの反応 3
  • 匿名さん 通報

    『妻の夫になる人物に知らずに語っているという、さりげなくいい』・・・娘(華)の夫!妻の夫は裕一なのだから(笑)。

    0
  • 匿名さん 通報

    素敵なレビュー。いつも楽しみにしています。

    0
  • 匿名さん 通報

    本番組で「軍歌」の単語を呼称・表記しなかったことに一部から批判があります。この点についてどう思われますか?

    0
この記事にコメントする

もっと読む

トレンドニュース

トレンドランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

朝ドラ「エール」

朝ドラ「エール」

NHK「連続テレビ小説」第102作目のテレビドラマ。窪田正孝、二階堂ふみが、昭和の音楽史を代表する作曲家・古関裕而と、歌手としても活躍したその妻・古関金子を演じる。2020年3月30日~6月26日(放送中断)、9月14日〜11月28日放送。

2020年11月20日のレビュー記事

キーワード一覧

エキサイトレビューとは?

エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。エキサイトニュースは、最新ニュースをすばやくお届け。

その他のオリジナルニュース

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。