review

『エール』小気味いいコント仕立てで始まった最終週 吉田照幸脚本はニヤリと人を見る視線に味わいがある

       

『エール』最終週「エール」 116回〈11月23日(月) 放送 作・演出:吉田照幸〉

『エール』小気味いいコント仕立てで始まった最終週 吉田照幸脚本はニヤリと人を見る視線に味わいがある
イラスト/おうか

※本文にネタバレを含みます

最終週だがコント仕立て

いよいよ最終週に突入。

【前話レビュー】経年と病気になった裕一を演じる窪田正孝のリアリティー

長かった。途中、コロナ禍で撮影を中断せざるを得なくなったため、放送が休止になり、本来9月で終わるものが2カ月ずれた。休止中には1話からもう一度再放送をしていたので、行きつ戻りつみたいな感じで『エール』は8カ月放送された。ただし、2週間分、話数が縮小した。

そんな混乱のなか、たどりついた最終週。ところが、とくに気負いを感じさせない週はじまりだった。

華(古川琴音)をお嫁にほしいと、ロカビリー歌手の霧島アキラ(宮沢氷魚)が古山家に挨拶にやって来て、裕一(窪田正孝)音(二階堂ふみ)、華、アキラの4人が卓をはさんで語り合う。

ここがコント仕立てで、相手の男性を否定してかかる、典型的な娘を持つ父の姿になる裕一に対して、アキラは天然キャラを全開。玄関で転ぶ、出された福島名物の玉羊羹を転がす、過去に交際した人の人数(16人)をさらけ出す、裕一を褒めたつもりが馬鹿にして聞こえるようなことを言う……等々、病院でチャラっとしていたのとは違って素朴な人柄を見せ、音や華がわたわたと反応するという展開。最初はわりあい好意的だった音も、女性関係を聞いた途端、不信感をあらわにする。

「モテることを楽しみ、遊ぶことに喜びを感じていた時期もあります」と言うアキラだったが、華を思って作った「ムーンライトセレナーデ」という自作の歌をギターで弾き語りし、裕一と音の心も解けていく。音楽が人の心を動かすところは『エール』では終始一貫している。

華はぽーっとした顔でアキラを見上げて……。せっかくのいい雰囲気ではあったが、そこにオチが――

回想をはさむ妙

鼻血を出したアキラの手当をするため、華が席を外し、二人きりになった裕一と音は、昔の自分たちをしんみり思い出す。ここから最終週にふさわしい空気になる。

若くまっすぐだった裕一と華。突然、豊橋に乗り込んで、交際を申し込んだ裕一。福島から三郎(唐沢寿明)までやって来て……という、そのときもコント仕立てだった。

三郎も光子(薬師丸ひろ子)も最初は猛反対したけれど、けっきょく、光子が二人を応援しはじめる流れに。

「走り出した汽車は止まらない」「頭はだめって言っているけど、心は行けって叫ぶんです」という名言を音はずっと忘れずにいた。あの回の薬師丸ひろ子、無双であった。

あわせて読みたい

レビューの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

トレンドニュース

トレンドランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

朝ドラ「エール」

朝ドラ「エール」

NHK「連続テレビ小説」第102作目のテレビドラマ。窪田正孝、二階堂ふみが、昭和の音楽史を代表する作曲家・古関裕而と、歌手としても活躍したその妻・古関金子を演じる。2020年3月30日~6月26日(放送中断)、9月14日〜11月28日放送。

2020年11月23日のレビュー記事

キーワード一覧

エキサイトレビューとは?

エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。エキサイトニュースは、最新ニュースをすばやくお届け。

その他のオリジナルニュース

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。