review

『エール』華とアキラが光子(薬師丸ひろ子)の形見のロザリオに愛を誓う そして東京オリンピックへ

       

『エール』最終週「エール」 117回〈11月24日(火) 放送 作・演出:吉田照幸〉

『エール』華とアキラが光子(薬師丸ひろ子)の形見のロザリオに愛を誓う そして東京オリンピックへ
イラスト/おうか

※本文にネタバレを含みます

いろいろあった

朝ドラのワンエピソードの区切りはたいてい、短くて1、2回分、長くて、一週間である。それが、華(古川琴音)アキラ(宮沢氷魚)の恋のエピソードだけすごく時間をかけているように感じる。先週の途中からとはいえ、週またぎなので長く感じるのだろう。そして、月曜日に続いて火曜日とまたぐから、まだやってるのかという気になる。華とアキラが微笑ましいので、それはそれでいいのだけれど。

【前話レビュー】小気味いいコント仕立てで始まった最終週 吉田照幸脚本はニヤリと人を見る視線に味わいがある

『おはよう日本関東版』で高瀬アナが「お茶の間のシーンを観ながら志村けんさんのコントをね、思い出してしまった。それだけ今回いろいろあった……」といささか無念そうに語っていたことからも感じることで、コロナ禍初期に志村けんが亡くなったこととコロナ禍が拡大してドラマの制作状況がかなり変わったのであろう。それでも弱音をはかずに、皆、前向きに明るく作っているその姿勢を見習いたいと思う。

結婚式はロカビリー

裕一がふたりの結婚を認め、音は亡き光子(薬師丸ひろ子)の形見のロザリオに、ふたりの愛を誓わせる。

ロザリオを抱きしめる音。光子も海に散骨したらしき回想。関内家三姉妹・音、吟(松井玲奈)、梅(森七菜)が海を見つめるワンカット。売れっ子の3人を集めてこれを撮るのもきっと大変だったんじゃなかろうかと勝手に苦労を偲んでしまった。

お笑いをやっている人が実生活で笑えない状況を作り出してしまうと、芸に支障をきたすと用心することがあるように、フィクションと現実の兼ね合いはとても難しい。裏話がドラマを盛り上げることもあるいっぽうで、裏話が広がり過ぎるとドラマを純粋に楽しめないこともある。

今年のコロナ禍はまさにそれ。『エール』に関してはコロナ禍が全世界的に未曾有な出来事だったからどうしようもなかったと思う。だからこそ、華とアキラの結婚祝いのコンサートで、からっと元気なロカビリーで湿っぽい気分を吹っ飛ばしてくれた。

音と智彦(奥野瑛太)がニッコニコで、役を飛び越えて見えたが、これくらいノリノリでやってくれると、観ているほうも楽しくなる。

宮沢と桜井の二世、次世代共演

音が歌ったあの聖マリア園で、結婚式というか結婚祝いのコンサート。内々の二次会みたいなものか。鉄男(中村蒼)久志(山崎育三郎)もいる。

アキラがバンド仲間を引き連れてロカビリーを披露。このとき、「正直、デビュー前に所帯持ちのボーカルって少々不安ですが」「俺らは音楽で勝負します」と正論な挨拶をするメンバー・根来を演じたのはミスチル桜井和寿の息子・Kaitoだそうで、ネットニュースを騒がせた。

彼の公式サイトによると、14歳からドラムを始め、現在はインナージャーニーというバンドのメンバーとして活動中と、今回のドラマー役はぴったり。そしてこの朝、2021年のお正月に放送される“逃げ恥”のスペシャルドラマ『逃げるは恥だが役に立つ ガンバレ人類!新春スペシャル!!』(TBS)にもゲスト出演することが発表された。

THE BOOMの宮沢和史の息子・氷魚と、ミスチル桜井の息子・Kaito。2大ミュージシャンの2世の共演とはなかなか豪華だし、主人公・裕一と音の子供の結婚式で、次世代への移行が感じられる。音楽の雰囲気もまったく違うわけで、クラシックからロックへ――。

保(野間口徹)がものすごくいい感じで老けていて、それもまた時の流れを感じさせてくれてよかった。

会がお開きになると、「僕たちの人生も終わりに近づいたな」と裕一はしんみりつぶやく。でも、音が「私はまだある気がしますけど」と前向きで、「やっぱり音はいいな」と裕一は元気づけられる。

「やっぱり音はいいな」は「やっぱり音楽はいいな」にも思えるので、妻の名前を「音」にしたのはやっぱり正解だったと思う。

あわせて読みたい

レビューの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

トレンドニュース

トレンドランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

朝ドラ「エール」

朝ドラ「エール」

NHK「連続テレビ小説」第102作目のテレビドラマ。窪田正孝、二階堂ふみが、昭和の音楽史を代表する作曲家・古関裕而と、歌手としても活躍したその妻・古関金子を演じる。2020年3月30日~6月26日(放送中断)、9月14日〜11月28日放送。

2020年11月24日のレビュー記事

キーワード一覧

エキサイトレビューとは?

エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。エキサイトニュースは、最新ニュースをすばやくお届け。

その他のオリジナルニュース

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。