『エール』最終週「エール」 118回〈11月25日(水) 放送 作・演出:吉田照幸〉

『エール』共に駆け抜けた池田を亡くした裕一に世界の声は聞こえなくなった……
イラスト/おうか

※本文にネタバレを含みます

「ぼくたちの仕事ってさ、出したらもう消えちゃうの」

『おはよう日本関東版』では「寂寥感、労い、感謝」とあと3回で最終回を迎える『エール』への想いを高瀬アナが語り、『エール』118回は、古山家にカラーテレビが来て、中では三波春夫が「東京五輪音頭」を歌っている。これは裕一(窪田正孝)の盟友のひとり・木枯(野田洋次郎)の作曲。作詞は宮田隆。島根県出身の作詞家で、2千通もの応募作から選ばれた。

【前話レビュー】華とアキラが光子(薬師丸ひろ子)の形見のロザリオに愛を誓う そして東京オリンピックへ

<オリンピックの顔と顔>という歌詞を聞くと、“顔と顔”を強調していた『いだてん』の田畑(阿部サダヲ)を思い出す。「東京五輪音頭」は、世界にはたくさんの人がいて、その人たちが一同に集まる場としてのオリンピックの意義を強調していた。

では、裕一は、国から依頼された「オリンピックマーチ」にどんな想いを込めたか。なかなか出来上がらないので(その間、1964年に『巨人軍の歌』などを作る)、心配した音(二階堂ふみ)は、木枯に相談する。このときの木枯の返答がいい。

「ぼくたちの仕事ってさ、出したらもう消えちゃうの。たぶん自分のなかで楽しんでいるんじゃないかな」
「もしくは最後のピースを探しているのかも」

あとでそれを聞いた裕一は、どちらも正解と言う。

創作物は残るものとはいえ、木枯が言うように「売れる音楽」と「残る音楽」がある。その瞬間に消費されてしまうものと、地味でも残るものがある。売れても残っても、出したあとは、受け取った人のものになる。良いとか良くないとか評価や感想は受け取った人の自由である。作者に確かな意図があったとしても、作り手の表現の自由と同時に、受け手には誤読の自由もあるもの(限度はあると思うけれど)。

となると、自分の純粋な創作は自分の頭や心のなかにあって、それをああでもないこうでもないと粘土をこねるようにしている間の楽しさはほかの誰にもわからない。

演劇の稽古で、いろんなアイデアを出しながら、本番に向かって固まっていくのもそう。稽古が好きじゃない俳優もいるが、稽古で可能性を探っていくことが好きな俳優もいる。

頭のなかでパズルして、最後の一片がはまったときの喜び。それがものを作る楽しさ。考える楽しさなのだ。

115回で「今書いている音楽が逃げちゃいそう」というセリフもあって、それと「ぼくたちの仕事ってさ、出したらもう消えちゃうの。たぶん自分のなかで楽しんでいるんじゃないかな」はセットになって聞こえる。

裕一の最後のピースは仲間たちだった

なかなか曲ができなかった裕一だが、木枯、鉄男(中村蒼)、久志(山崎育三郎)、藤丸(井上希美)を家に招き、飲み会。

みんなで各々のヒット曲を振り返り、合唱したり、夜も更けて雑魚寝する仲間たちの顔を見ながら、裕一は音に、「もっと普遍的な世界中の人たちの心高鳴る音楽にしたかった」「いつ会っても、出会った頃のように騒げる仲間がいる。これ以上の幸せってあるのかな。なによりも尊いのはさ、人と人の繋がりだと思う。僕はそれを曲に込めたい」と言う。

いい話なのだが、ちょっと待って。
『エール』の第1話では、なかなか曲ができない裕一の最後のピースは、音が庭掃除しながら「さくらさくら」を歌っていた姿を見て閃いたものだった。あのエピソードはどうなったのか。この頃は、現在、原案扱いの林宏司が脚本を書いていたが、降板したことによって、クライマックスが微妙に違うことになったのだろうか。

ただ、開会式当日のドタバタは、早回しで流された。「長崎の鐘」に感動したという警備員(萩原聖人)はちゃんと映った。もしかして『エール』はどこかで世界線が変わってしまったのかもしれない。

同じく1話で、鉄男がワンカップ「大将」を備えながらお参りした恩師・藤堂(森山直太朗)の墓に3月7日と刻んであって、この日付はインパール戦の前日。これは、いま思うと、おお! となる。

この記事の画像

「『エール』共に駆け抜けた池田を亡くした裕一に世界の声は聞こえなくなった……」の画像1 「『エール』共に駆け抜けた池田を亡くした裕一に世界の声は聞こえなくなった……」の画像2 「『エール』共に駆け抜けた池田を亡くした裕一に世界の声は聞こえなくなった……」の画像3