review

視聴率20% 朝ドラ『エール』の強烈な求心力はどこにあるのか

『エール』第22週「ふるさとに響く歌」 109回〈11月12日(木) 放送 作:嶋田うれ葉、演出:松園武大、丸山文正〉


1週間で2本の物語

鉄男と家族の話はハッピーエンドで終わって、109回からは嶋田うれ葉による裕一(窪田正孝)の弟・浩二(佐久本宝)のエピソードに。志田未来が登場して華を添える。

【前話レビュー】生き別れた弟と再会した鉄男のモデル野村俊夫が手がけたヒット曲「東京だョおっ母さん」とは

1週間のなかで、前半、後半、別の脚本家による、違うエピソードを描くことは朝ドラでは珍しい。基本的にひとりの脚本家が半年ないし1年書くのが朝ドラ。まれに複数脚本家のときでも1週間単位で交代するのがこれまでのスタイルだった。

『エール』が1週間でふたりの脚本家という異例なケースになった理由は、メイン脚本家の降板、コロナ禍で放送休止、回数の縮小など、様々なアクシデントに見舞われたためだろう。あくまで想像でしかないが、ただ、その前に、特別編として、1週間で3本立てのエピソードを放送するという朝ドラでは珍しい試みも行われていたこともあり(そのときは吉田照幸が3本とも脚本を書いた)、朝ドラが新たな試みを模索していた時期でもあり、それを生かしたともいえる。

まとめると、『スカーレット』で本編のなかに特別編を入れる試みを行い、『エール』ではそれを3本立ての短編で行うという流れがあった。

そして『エール』福島、ふたりの弟編とでもいえそうな22週。前半、鉄男のターン、108回の視聴率は20%の大台を突破し、107回の鉄男の、生きる希望をくれるあたたかい挨拶や生き別れになった家族の再会、麗しい福島の自然などが好まれる要因だったと考えられる。

浩二編も、福島の林檎園の緑と赤のやさしいコントラストと広大さ、天才子役として名を馳せていまも演技力に定評のある志田未来演じるリンゴ農家のまき子の清らかさは、魅力的だ。

なぜ独身だったか。浩二の半生を振り返る

誕生:子供がなかなかできなかったまさ(菊池桃子)だが、裕一を生んだあと、第二子・浩二にも恵まれる。

この記事の画像

「視聴率20%  朝ドラ『エール』の強烈な求心力はどこにあるのか」の画像1 「視聴率20%  朝ドラ『エール』の強烈な求心力はどこにあるのか」の画像2 「視聴率20%  朝ドラ『エール』の強烈な求心力はどこにあるのか」の画像3
編集部おすすめ

あわせて読みたい

レビューの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ピックアップ

もっと読む

レビューニュースランキング

レビューランキングをもっと見る

朝ドラ「エール」

朝ドラ「エール」

NHK「連続テレビ小説」第102作目のテレビドラマ。窪田正孝、二階堂ふみが、昭和の音楽史を代表する作曲家・古関裕而と、歌手としても活躍したその妻・古関金子を演じる。2020年3月30日~6月26日(放送中断)、9月14日〜11月28日放送。

お買いものリンク