review

SUPER★DRAGON、495日ぶりの有観客ライブでさらなる高みを目指すための覚悟表明

SUPER★DRAGON、495日ぶりの有観客ライブでさらなる高みを目指すための覚悟表明

ヘヴィロックを基軸にラップやヒューマンビートボックス、さらにダイナミックなフォーメーションダンスを融合させたミクスチャースタイルの9人組ユニット、SUPER★DRAGONが、実に495日ぶりとなる有観客ライブ『NEO CYBER CITY -ネオサイバーシティ-』を4月9・10日にZepp Hanedaで行った。

その間は4度もの配信ライブを行い、廃工場を舞台にオープニングから車で乗りつけたり、廊下からトイレまでライブハウスを丸ごとステージにしたりと、オンライン公演ならではの仕掛けで楽しませてくれたSUPER★DRAGON(通称:スパドラ)。2日間で3公演が行われた今回のライブは、事前に公式YouTubeで公開されていたボイスドラマの結末編に位置づけられ、荒廃した近未来を舞台に謎のシェルターで共同生活を営む9人が、“外の世界”への脱出を試みるというストーリー仕立てで展開された。

SUPER★DRAGON、495日ぶりの有観客ライブでさらなる高みを目指すための覚悟表明

SUPER★DRAGON、495日ぶりの有観客ライブでさらなる高みを目指すための覚悟表明

彼ら特有のエモーショナルなパフォーマンスに、ドラマの登場人物たちのモノローグや心情をシンクロさせつつ、衝撃的な結末に全オーディエンスが驚愕。単なるエンターテイメントに留まらず、現在の世界情勢や“人間”というものに対する根源的な問いを込めたスパドラらしいステージの最後には夏の東名阪公演の告知もされて、すべてのファンに夢の続きを約束した。

開演前にはボイスドラマが改めて流され、シェルターでの暮らしに最初に疑問を持った田中洸希の「みんなで行くぞ!」という号令から、ステージにはスモークが噴出。その中から階段上にメンバーが現れ、一人ずつ上段へと上ると火花がスパークするというド派手なオープニングから、灼熱のヘヴィロック曲「Untouchable MAX」でライブの幕は開いた。

SUPER★DRAGON、495日ぶりの有観客ライブでさらなる高みを目指すための覚悟表明

SUPER★DRAGON、495日ぶりの有観客ライブでさらなる高みを目指すための覚悟表明

495日もの間、溜めに溜めてきたエモーションをぶつける彼らの勢いと熱さは、歌詞の通り“近づいたら火傷する”勢い。弾丸のように撃ち込まれるラップと激情滲むボーカル、マシンガンの構えで観る者を射抜くようなダンスに、満員のオーディエンスはあっという間にノックダウンだ。

「俺たちと一緒に踊ってください!」というジャン海渡の煽りで、グループカラーの蒼いライトスティックが規則正しく降られるジャングルテラー曲「LRL -Left Right Left-」、情熱的なラップとダンスで翻弄しながら、場内をクラップで満たすラテンチューン「La Vida Loca」と、躍動的なナンバーで序盤からつかみは万全。

SUPER★DRAGON、495日ぶりの有観客ライブでさらなる高みを目指すための覚悟表明

真っ青に染まった客席に、初日公演では「青一色に染まった会場を見て感動してる」(飯島颯)、「俺が見たかったスパドラブルーが見れた」(柴崎楽)とメンバーも笑みを見せる。また、十八番の車内アナウンスを披露した伊藤壮吾は「いつも家の風呂でやっても無反応なんで、反応が返ってくるのが嬉しい」と最終公演で思わず漏らして、「風呂でもやってるの!?」と周りを驚愕させた。

再会の喜びを確かめ合ったところで、しかし、シェルターの秘密を知るらしい伊藤のモノローグからは物語の核心へ。囚われの現状を歌うダークな「BLACK BOX」には“当たり前、疑おう”“誰かの正当は 誰かの不当”など、謎を解くカギとなるワードが散りばめられ、ココから逃れようと踊るメンバーたちをジッと見つめる伊藤の佇まいも意味深だ。

SUPER★DRAGON、495日ぶりの有観客ライブでさらなる高みを目指すための覚悟表明

SUPER★DRAGON、495日ぶりの有観客ライブでさらなる高みを目指すための覚悟表明

一転、夏の匂いのする「My Playlist」は“君”と街を歩くチルでオシャレなナンバーだが、続いて「シェルターの中しか知らない自分は、なぜ繁華街を歩く夢を見るのか?」という古川毅のモノ ローグにピタリと符合する。警報音が鳴り響くような危機感たっぷりのヘヴィなダンストラックに、「Burning in the nights」で夜明けを待ちわびる想いを提示したところで始まったのは「Distance」。LEDモニターに映る自然の風景やネオンきらめく街並みは、彼らが焦がれる“外の世界”であり、それが我々にとっては何気ない日常である――いや、今となっては“あった”ことを考えると、ヒリヒリとした感傷を抱かざるを得ない。真っ白なシャツを着て、ステージ上でいつになく愛らしく、穏やかに歌い踊る彼らの無垢な様子と、心のままに紡がれる美しいフェイクが、そんな心の痛みをいっそう際立たせるのだ。

SUPER★DRAGON、495日ぶりの有観客ライブでさらなる高みを目指すための覚悟表明

「自分たちは果たして何者なのか?」「真実を知りたい」と渇望する彼らの心の葛藤を表すように、ここからはスパドラの多彩色な音楽世界が繰り広げられていった。初の全英詞曲「BLOODY LOVE」で池田彪馬の濃密なボーカルが妖しさをまき散らすと、「Set It Off」では紅蓮色のライトを浴びて、ジャン海渡と松村和哉がステージ上段から治安悪さ全開でラップを投下。コミカルな“サムライダンス”が話題となった「SAMURAI」 では、ステージにカメラが上がってメンバーへと間近に迫り、接写も交えて追ってゆく。中でも、トンネルのよ うな階段裏へと潜った面々を映し出す映像は、カラフルに点滅するライトとの相乗効果で、まさしくサイバーシティな趣き。こんなエンタメ性豊かなワンカメショーも、間違いなく昨年の配信ライブで培われたものだろう。

SUPER★DRAGON、495日ぶりの有観客ライブでさらなる高みを目指すための覚悟表明

しかし、曲が終わるとメンバーたちは階段に倒れ込んで機能停止。そして背後のLED上に浮かんだ扉から田中洸希のインナースペースへと入り込み、彼と“殺された過去の自分”との会話を聞くことになる。いわく、誰もが自分を殺して生きており、拙悪だった部分は削ぎ落されて廃棄される。そうして、より優秀なクローンのみが生き残るのだと。それでも外に出ることを諦めない彼の意志に沿って、蛍光色の衣装をまとい再開したステージでは、次々にソロで踊り繋ぐワイルドなダンストラックと、続くセルフタイトル曲「SUPER★ DRAGON」から“自我”を追求。アッパーなビートに乗せて、“俺達が時代を変える”と宣言し、最後まで全員ピタリと揃えて見せる勇ましいダンスパフォーマンスは、背筋が震えるほどに美しかった。

SUPER★DRAGON、495日ぶりの有観客ライブでさらなる高みを目指すための覚悟表明

さらに「拳掲げて、心の中で魂込めて歌ってくれ!」と贈られた「Mada' Mada'」の間奏では、獣の咆哮が鳴り響くような野性味 あふれるソロダンスリレーを披露。志村玲於はメンバーを発射台にステージ端ギリギリまで跳躍し、揺れる客席にジャン海渡は「お前ら最高だよ」と呟いて、そこから雪崩れ込んだ「BADASS」では松村和哉が社会への怒りをデスボイスに乗せて叫びあげる。自らが立つ場所と自分自身に真っ直ぐ向き合う勇気と、その結果あふれ出すエモーション――それこそがSUPER★DRAGONのアイデンティティではないのか?

あわせて読みたい

レビューの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

トレンドニュースランキング

トレンドランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2021年4月11日のレビュー記事

キーワード一覧

エキサイトレビューとは?

エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。エキサイトニュースは、最新ニュースをすばやくお届け。

その他のオリジナルニュース

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。