review

『コントが始まる』はやさしさでできている マクベス・里穂子らのやさしさが奇跡のようにリンクしていく

『コントが始まる』はやさしさでできている マクベス・里穂子らのやさしさが奇跡のようにリンクしていく
イラスト/おうか

※本文にはネタバレがあります

やさしさの輪広がる『コントが始まる』第4話

『コントが始まる』(日本テレビ系 土曜よる10時〜)はやさしさでできている。コントグループ“マクベス”のメンバー春斗(菅田将暉)、潤平(仲野太賀)、瞬太(神木隆之介)とそのファンの中浜里穂子(有村架純)と、彼女の妹で、潤平が通っているスナックに勤めているつむぎ(古川琴音)の交流からはじまり、徐々にその家族や知人へとやさしさの輪が広がっていく。よくできた群像劇で、人間関係もシチュエーションも様々なものが奇跡のようにリンクしていく。その最たるものがいつものコントの内容と現実の話がリンクするところ。彼らを繋ぐもの、それが「やさしさ」である。

【前話レビュー】『コントが始まる』頑張りすぎて電池が切れてしまった人たちの再起の姿をやさしく見守る第3話

第4話、最大のやさしさは、母子の物語にまつわるやさしさ。瞬太が絶縁していた母・友利子(西田尚美)が現れ雪解けするまでの物語と、春斗が台本を書いているマクベスのコントで唯一、瞬太が書いたコント「捨て猫」と絡めて話は進む。

瞬太は高校に入ると一人暮らしをはじめ、母とはもう7、8年くらい会っていない。でもかつて一度、春斗と潤平は母と会っていて、母と子のミートソースと粉チーズの思い出を知る。

なんでもかんでも否定して、自分の欲望に忠実な母親に抑圧されていた瞬太。その否定されてきたリベンジが彼の原動力になっている。お笑い、ゲーム、お菓子、金髪……母のキライなものばかりやっている。「捨て猫」のコントは唯一、瞬太が書いたものだった。

春斗には「着信履歴は心配してるよってメッセージ」(第3話)と言う瞬太が母の履歴(名前は「鬼女」、ゴジラの着メロになっている)を無視している。ところがそんなある日、母が危篤との報せが……。

会いに行くべきと心配する春斗と潤平に、「俺はおまえらとつまんない話、したくないんだよ!」と行って出ていった瞬太は、つむぎの説得でついに母に会いに行く。親しすぎると素直になれない瞬太。面倒くさい性分なだけで、根は母のことを思っている。母が再婚することが寂しかったのだろう。コントグループの名前はマクベスだが、瞬太のこの母への葛藤はハムレットに近い(ハムレットは母が父が死んで間もなく叔父と再婚することに苛立ち反抗する)。

「あんたを許す時間、もう少し俺にくれよ」

最高にシリアスなシーンだが、瞬太はコアラ柄のパーカーを着ている。何か場違いな服だが、神木隆之介の屈折した息子の演技がその違和感をねじ伏せる。

あわせて読みたい

レビューの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

トレンドニュースランキング

トレンドランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

コントが始まる

コントが始まる

菅田将暉主演、共演に有村架純、神木隆之介、仲野太賀、古川琴音という豪華なキャスト陣が集結。菅田、神木、仲野は売れないお笑い芸人のトリオ「マクベス」を演じる。日本テレビ系にて、2021年4月17日〜放送中。

2021年5月9日のレビュー記事

キーワード一覧

エキサイトレビューとは?

エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。エキサイトニュースは、最新ニュースをすばやくお届け。

その他のオリジナルニュース

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。

お買いものリンク