review

『おかえりモネ』第32回 朝岡(西島秀俊)の気象予報士仲間が登場し、新たなフェーズへ

『おかえりモネ』第7週「サヤカさんの木」

第32回〈6月29日(火)放送 作:安達奈緒子、演出:一木正恵〉

※本文にネタバレを含みます

※『おかえりモネ』第33回のレビューを更新しましたら、Twitterでお知らせします


2015年8月、百音(清原果耶)は2度目の気象予報士の試験に挑戦する。その結果、気象予報士を目指す意味があるか悩みはじめる百音だったが、気象予報士の朝岡(西島秀俊)と再会し、揺り戻しが来る。朝岡の会社のスタッフで、同じく気象予報士の野坂碧(森田望智)内田(清水尋也)も登場し、新たなフェーズへ――。

【レビュー一覧】『おかえりモネ』のあらすじ・感想(レビュー)を毎話更新(第1回〜第32回掲載中)

「社会人あるある」

2015年7月、気象予報士の免許より先に運転免許を取った百音。あっという間に8月になって、2度目の気象予報士の試験日がやって来た。

田中(塚本晋也)が復調し、蓮の花を撮影に行けることになったその日に試験が重なって百音は残念な気持ちに(実際、宮城は8月に伊豆沼の蓮祭りがある)。「また来年一緒に行こう ってのは冗談きついか」と自虐的なことを言う田中。長生きしてほしい。

こうして挑んだ試験だったが、百音は仕事が忙しくなって、最初の試験のときより勉強ができず、受かる自信がなかった。百音の部屋に貼ってある写真が、空の写真だけでなく森林組合の仕事の写真が増加していた。写真の数で百音の状況がわかるところがおもしろい。

森林組合の仕事も充実し、車の免許を取ったことでやることが増えていた。菅波はそれを「社会人あるある」と言う。

「普段の仕事や生活が充実してきてしまうと、途端に資格試験の情熱が薄らぐ」

菅波、鋭い。人間は目の前のことに夢中になりがち。長い目でものを見る術を身につけないといけない。百音は、登米にも慣れ、森林組合の仕事にもやりがいを感じ、それなりに老いているサヤカ(夏木マリ)のお世話もしたいと思っている。耕治(内野陽聖)亜哉子(鈴木京香)の子どもだし、地頭は良さそうだし、仕事もできないほうではないのだろう。

とはいえ、目の前のやれることをちょっとずつやっていくことで、自信や希望を取り戻すこともできるのだから、百音のやっていることは悪いことではない。

運命の相手

「しかし運命の相手というのは、こちらの心が揺らいでしまいそうになると、突然現れたりするものです」

ナレーション・雅代(竹下景子)も鋭い。雅代の言うように、忘れかけたもの、忘れようとしたものがふいに現れ、これって運命なのでは? と思ってしまうことは人生あるある。

2度目の試験にも受かりそうにない百音は、菅波に言われ、今後のことを一度ちゃんと考えることにした。気象予報士の免許は、免許を取ればすぐになにか仕事になるようなものではなくて、その資格を生かして何ができるか主体性が求められる。

百音が悩んでいると、9月、朝岡が再び登米にやって来た。樹木年輪を用いた年輪気候学が専門の中本教授(若尾義昭)を伴ってきた。中本は300年前のヒバの木に興味を持っていた。天明の大飢饉や天保の大飢饉の情報が得られるはずで、逆に、これから300年後の気候も予測できるかもしれないと言う。

さらに朝岡は、所属するウェザーエキスパーツの若手・野坂と内田を連れてきた。野坂は防災に興味があり、内田は花粉症に興味をもっていた。ふたりとも気象予報士で、内田は1回で試験に受かった超優秀な人物(清水尋也がメガネできのこ頭、ちょっと体をくねっとさせていて印象的)。

『おかえりモネ』第32回 朝岡(西島秀俊)の気象予報士仲間が登場し、新たなフェーズへ
写真提供/NHK

この記事の画像

「『おかえりモネ』第32回 朝岡(西島秀俊)の気象予報士仲間が登場し、新たなフェーズへ」の画像1 「『おかえりモネ』第32回 朝岡(西島秀俊)の気象予報士仲間が登場し、新たなフェーズへ」の画像2 「『おかえりモネ』第32回 朝岡(西島秀俊)の気象予報士仲間が登場し、新たなフェーズへ」の画像3
編集部おすすめ

あわせて読みたい

西島秀俊のプロフィールを見る
レビューの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ピックアップ

もっと読む

「西島秀俊」に関する記事

「西島秀俊」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「西島秀俊」の記事

次に読みたい「西島秀俊」の記事をもっと見る

レビューニュースランキング

レビューランキングをもっと見る

おかえりモネ

おかえりモネ

NHK「連続テレビ小説」第104作目の作品。宮城県気仙沼市の離島・亀島で育った清原果耶演じるヒロインの永浦百音が、気象予報を通じて幸せな「未来」を届ける希望の物語。2021年5月17日~10月29日放送。

お買いものリンク