review

『おかえりモネ』第33回 朝岡(西島秀俊)の確信に満ちて澄んだ瞳が百音(清原果耶)を導く

『おかえりモネ』第7週「サヤカさんの木」

第33回〈6月30日(水)放送 作:安達奈緒子、演出:一木正恵〉

※本文にネタバレを含みます

※『おかえりモネ』第34回のレビューを更新しましたら、Twitterでお知らせします


「何もできなかったと思っているのはあなただけではありません」
「何もできなかったと思う人は、次はきっと何かできるようになりたいと強く思うでしょ? その思いは私達を動かすエンジンです」
朝岡(西島秀俊)の言葉が染みた。

【レビュー一覧】『おかえりモネ』のあらすじ・感想(レビュー)を毎話更新(第1回〜第33回掲載中)

朝岡と登米やサヤカ(夏木マリ)との関わりは、2011年、東日本大震災のときに遡る。朝岡も、中村先生(平山祐介)も、百音(清原果耶)も……皆、不思議な縁によってここ登米に集まってきていたのである。

「ほらぁ、あんたやっぱりここの山に引っ張られてきてるのよ」
「山の神様があ」

サヤカは百音をからかう。でもきっと百音が登米に来たことは必然……。

天気予報の檜山さん

第32回のエンド5秒の視聴者投稿は、『あさイチ』の天気予報担当の檜山靖洋のピースしたような雲だった。

翌朝、高瀬アナが「採用された気持ちは?」と聞くと、「まあ……嬉しいです」と照れたように答えて、高瀬アナに「ピースでしょう」と突っ込まれた。エースアナだけに気の利いたことを言える高瀬に比べると、檜山はいつも素朴なリアクション。遠慮がちな印象もあって、朝ドラ送りしたいのにできない雰囲気もなんとなく漂ってきた。それが今回は、ヒロインが気象予報士を目指すドラマなので、檜山と無縁ではない。朝ドラといい感じに絡めてキャラが立ってきてよかった。

朝岡と中村の関係

登米を訪れた朝岡、野坂碧(森田望智)内田(清水尋也)の歓迎会がその夜、行われた(教授は帰ったの?)。

名物・油麩丼を振る舞われているところへ、中村先生もやって来た。震災のとき救援活動をしていた先生は、そこで朝岡と知り合って、以来、連絡をとりあっていたのである。

朝岡も、中村も、復興支援活動で繋がっていて、今も「まだまだ」と活動を続けている。あれから4年、「しかしまだまだだなあ」「まだまだですね」と言う中村と朝岡。

災害当時も支援に尽力し、時間が経過してもまだ気にかけ続けている、誠実なふたりの会話を、黙って聞いている菅波(坂口健太郎)と百音。百音はきっと、自分は何もできなかったとまた反芻していたことだろう。

その頃、気仙沼では未知(蒔田彩珠)が進学せずに就職すると言って耕治(内野聖陽)を心配させていた。未知は未知で地元のために働きたいと焦りに似た思いを抱いているように感じる。「無理してないか?」と耕治は訊ねるが……。

『おかえりモネ』第33回 朝岡(西島秀俊)の確信に満ちて澄んだ瞳が百音(清原果耶)を導く
写真提供/NHK

この記事の画像

「『おかえりモネ』第33回 朝岡(西島秀俊)の確信に満ちて澄んだ瞳が百音(清原果耶)を導く」の画像1 「『おかえりモネ』第33回 朝岡(西島秀俊)の確信に満ちて澄んだ瞳が百音(清原果耶)を導く」の画像2 「『おかえりモネ』第33回 朝岡(西島秀俊)の確信に満ちて澄んだ瞳が百音(清原果耶)を導く」の画像3
編集部おすすめ

あわせて読みたい

西島秀俊のプロフィールを見る
レビューの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「西島秀俊」に関する記事

「西島秀俊」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「西島秀俊」の記事

次に読みたい「西島秀俊」の記事をもっと見る

レビューニュースランキング

レビューランキングをもっと見る

おかえりモネ

おかえりモネ

NHK「連続テレビ小説」第104作目の作品。宮城県気仙沼市の離島・亀島で育った清原果耶演じるヒロインの永浦百音が、気象予報を通じて幸せな「未来」を届ける希望の物語。2021年5月17日~10月29日放送。

お買いものリンク