『パンケーキを毒見する』は笑えないけど笑える恐ろしい映画

みんなでパンケーキを毒見しに行こう

7月30日(金)に公開された映画『パンケーキを毒見する』(←「毒味」ではなく「毒見」)。まずはこちらの予告を観てほしい。

【視聴】『パンケーキを毒見する』60秒予告

プロデューサーのインタビューの発言が、実写映画の実力不足を、大ヒットアニメ映画のせいにしていると炎上したり、ポスターの黄色い菅総理のメインビジュアルに、ややとっつきづらさもあるが、映画ファンのみならず、日本全国の人に一度観てほしい映画である。

映画自体は、重そうに見えるが、ブラックユーモアや風刺アニメたっぷりで、口に入れてしまえばそれこそパンケーキのようにペロっと完食してしまえる軽さがあるので、ぜひ毒見していただきたい。

『パンケーキを毒見する』は笑えないけど笑える恐ろしい映画

メインナレーターは、逃げ恥などのドラマや、様々な映画で名バイプレイヤーとして活躍するメガネでヒゲのおじさんこと古舘寛治

『パンケーキを毒見する』は笑えないけど笑える恐ろしい映画
彼は、ツイッターで政治に関する意見を積極的に発信している。どんな饒舌なタレントやアーティストも、こと政治の話になると急にだんまりになるか、権力にすり寄る発言しかしない日本芸能界では非常に稀な存在であり、この映画のナレーターとしてはピッタリのキャスティングである。

劇場から漏れてくる笑い声

公開当日の初回を観に行った。平日の昼前だったが、ほぼほぼ満員の客入りである。この映画の題材は「パンケーキ好きの令和おじさん」こと菅義偉内閣総理大臣。政治バラエティ映画と銘打ってあるが、予告に出てくるのはおじさんばかり、多少の重さは覚悟していた。しかし、劇場から漏れてくるのである。

クスクスクスクスという笑い声が……

『パンケーキを毒見する』は笑えないけど笑える恐ろしい映画

実際、吹き出してしまうような場面がいくつもある。

国会コント「答えられない男」

この映画でもっとも笑いが漏れていたのが、ニュース番組では編集され、端折られがちな国会討論会を、ノーカット解説付きで説明してくれたシーンだ。解説がつくと途端に、普段ニュースでしか観ていなかったお堅い国会中継が俄然面白くなってくる。国会中継は毎回この形式でやってほしいと思えてくるくらい面白い。いや、面白いのだが、段々そうも言えなくなってくる。

『パンケーキを毒見する』は笑えないけど笑える恐ろしい映画

質問に答えない総理として、毎日のようにネットニュースを騒がす菅総理、この映画で言うと、早い話が、まともに答えられないようなマズいことをしているから、素直に答えられないのである

『パンケーキを毒見する』は笑えないけど笑える恐ろしい映画

何かマズいことをしでかしたのが親や教師にバレ、「やったの? やってないの?!」と聞かれ、ゴニョゴニョゴニョゴニョ見当違いのことを答える生徒のそれである。ちなみに彼が支えた安倍前総理は、問い詰められると、口からデマカセ嘘八百を並べ立てていたが、菅総理はそれもできない。
『パンケーキを毒見する』は笑えないけど笑える恐ろしい映画

いちいち後ろからその場で原稿を書いてもらい、それが出てくるのを待っている。自分の言葉では何も言えないのだ。そして何を言うかと思えば、聞かれたこととは全く噛み合わない見当はずれな返答ばかり。しかも、質問に答えていないぞと問い詰めると、また一連の流れを繰り返すのである。

これはうんざりする。質問している方はもちろん。見てるこっちもうんざりする。しかし、ツッコミありで見ていると、すれ違い系コントのようにも見えてくる。劇場から笑いが漏れてきた理由はここにある。つまり、菅総理は1億三千万人の日本国民の未来を背負っていながら延々と公式の場でボケ倒しているのだ。

『パンケーキを毒見する』は笑えないけど笑える恐ろしい映画

しかしこれも彼の作戦なのかもしれない。人々が政治にうんざりし、政治から関心を無くし、投票に行かなければ投票率は下がる、投票率が下がれば一部の熱狂的ファン(支持者)に支えられている与党は安泰だし、自民党総裁である自分自身はいつまでも総理の椅子に座っていられる。

菅総理は総理の椅子に座って何がしたいのか

総理の椅子。この映画を観ていて、一つの疑問が頭をよぎった。この人は何を成し遂げたくて秋田の農家の良いとこの坊ちゃんから、総理にまで上り詰めたのだろう。今の姿からは、何か大きな目標を成し遂げたくて(例えば、安倍前首相の場合は憲法9条改正)総理を目指したようには見えない。ふと思った。この人は総理大臣になりたいというというのが最大の目的で、総理になってから先のことは何も考えていなかったのではなかろうか。

『パンケーキを毒見する』は笑えないけど笑える恐ろしい映画

聞かれたことに答えず、すべてをうやむやにしていく彼の語気からは、彼が総理になって何をしたいのかが全く伝わってこない。所信表明演説の「2050年までに温室効果ガス実質ゼロ」という目標すら、誰かに用意してもらったように思えてならない。

この記事の画像

「『パンケーキを毒見する』は笑えないけど笑える恐ろしい映画」の画像1 「『パンケーキを毒見する』は笑えないけど笑える恐ろしい映画」の画像2 「『パンケーキを毒見する』は笑えないけど笑える恐ろしい映画」の画像3 「『パンケーキを毒見する』は笑えないけど笑える恐ろしい映画」の画像4
「『パンケーキを毒見する』は笑えないけど笑える恐ろしい映画」の画像5 「『パンケーキを毒見する』は笑えないけど笑える恐ろしい映画」の画像6 「『パンケーキを毒見する』は笑えないけど笑える恐ろしい映画」の画像7 「『パンケーキを毒見する』は笑えないけど笑える恐ろしい映画」の画像8
「『パンケーキを毒見する』は笑えないけど笑える恐ろしい映画」の画像9 「『パンケーキを毒見する』は笑えないけど笑える恐ろしい映画」の画像10 「『パンケーキを毒見する』は笑えないけど笑える恐ろしい映画」の画像11 「『パンケーキを毒見する』は笑えないけど笑える恐ろしい映画」の画像12
「『パンケーキを毒見する』は笑えないけど笑える恐ろしい映画」の画像13 「『パンケーキを毒見する』は笑えないけど笑える恐ろしい映画」の画像14 「『パンケーキを毒見する』は笑えないけど笑える恐ろしい映画」の画像15 「『パンケーキを毒見する』は笑えないけど笑える恐ろしい映画」の画像16