review

音楽・芝居・声優…多岐にわたり活動する加藤和樹が語る、人との関係性の重要さ

撮影/源賀津己

2006年4月にミニアルバム『Rough Diamond』でデビュー、今年15周年を迎えた加藤和樹。それを機にリリースされた『K.KベストセラーズII』では、気心の知れたライブメンバーとこれまでの楽曲と新曲「REbirth」をスタジオライブ録音し、さらに松任谷由実の「春よ、来い」をはじめとする名曲をピアノと歌だけでカバー。アーティスト加藤和樹の新たな魅力をあますところなくアピールしてみせた。音楽に芝居にミュージカルにと、着実に幅広い活動を自分のものにしてきた加藤和樹にとっての15年、たっぷりと話を聞いた。

【関連レビュー】加藤和樹=順風満帆なマルチ・パフォーマーという先入観を覆す、自叙伝とも言うべきメモリアルフォトブック

加藤和樹のターニングポイント

──デビュー15周年を迎えて、どのようなことを感じますか?

加藤:濃かったなぁという印象がありますね。まぁよくここまできたなっていう。デビューしたときは本当にゼロからのスタートだったので、音楽経験もないし、何をどうしたらいいのか、右も左もわからない状態だったので。

そういう意味では下積みがあってデビューするアーティストの方とは違って歩みが遅いぶん、ひょっとしたら応援してくださる人たちからすると、もどかしいものがあったのかもしないです(笑)。

──この15年を振り返って「あそこがターニングポイントだったな」という時期はありますか。

加藤:2012年あたりですかね。ミュージカルを始めたタイミングでもあったし、音楽を5年以上やってようやく自分の意思というものが芽生えてきた時期だったのかなと思うので。それまでに失敗したこととかが、やっと経験として身になってきたというか。

──失敗がきちんと糧になってきた時期だと。

加藤:そうですね。でも僕、わりと都合よく忘れるほうで(笑)。あまり深く考えないタイプなのかもしれないですけど、悪いことがあったり、失敗したりっていうのは自分の責任ですからね。それをいつまでも考えてたってきりがないので、時間は過ぎていくものだし。だから大変だぁとか、疲れたなぁとか、ネガティブな言葉はあまり発しないようにはしているんです。それをいつまでも引きずると、そのことが周りに与える影響のほうが大きくなるので。自分がしっかり前を向いていかなきゃって意識するようにはしてますね。

──それはこの15年間に思うようになったことですか。

加藤:そうですね。そのタイミングが2012年とかだったんじゃないですかね。僕は本当にゆっくり変わっていくタイプというか、成長速度が遅いんですけど(笑)、2012年頃にミュージカルと出会ったことは、一つ大きなタイミングだったと思います。

──地に足がついていますね。

加藤:どうなんでしょうね。でもその頃から気持ちのうえでは、すごく順調だと思います。辞めたいとか、わからない、みたいなことはあまりなくなったような気がするので。もちろん悩むことはありますけど、追い詰められる状況にはならない。

でも追い詰められるときって、原因は周りじゃなく自分にあるんですよ。うまくいかない原因は自分だってことがわかれば、あとは自分がなんとかすればいいだけの話なんで。……ほんと深く考えないですね、僕は。嫌なことっていつまで考えててもしょうがないから。そこはこういう性格でよかったなって思います(笑)。

音楽・芝居・声優…多岐にわたり活動する加藤和樹が語る、人との関係性の重要さ
撮影/源賀津己

──そういう考え方はプライベートにも言えることですか。

加藤:あまり人のことを嫌いになったり、悪口を言ったりしないかなぁ。そういうネガティブなことを考えないっていうか。

──そうは言っても、ネガティブに感じてしまうことがないわけじゃないですよね?

加藤:はい、ありますね。あるんですけど、ないんです、なんか(笑)。

──加藤さんの活動は音楽、芝居、ミュージカル、声優と多岐にわたっていますが、自分のなかで区別などありますか。

加藤:ないです。昔は現場によって会う人も違うので、僕も接し方を変えなきゃいけないのかなって思っていたんですけど。作品に向かっていく姿勢というのはみんな同じなわけで、そこであえて自分がこうしなきゃというよりは、現場の空気を感じて自分の在り方を探すのがいいと思うようになりました。けっきょくは現場が違っても人と人ですからね。その人との関係性こそが重要なんだって、フラットに考えられるようになりましたね。

──音楽と芝居の現場は、かなり違うように思えるのですが。

加藤:それも変わらないですね。もちろんライブの現場がいちばん自分で居られる場所ですけれど。あとライブは、自分より経験がある信頼している人たちに支えられている現場なので。どちらかというと他の現場では、後輩も増えてきて自分が引っ張っていかなきゃいけない立場になることが多いんですね。若い時はそれこそ先輩ばかりで、自分が勉強して吸収していくことがメインだったんですけど、今は自分が座長の立場になることもありますから。……音楽と芝居、なんかお互いに良い影響を与えているところはありますね。どっちもあるからこそ自分らしくいられるというか。

──加藤さんのなかで役を演じるということと、音楽を作ったり歌ったりするということは違いのあるものですか。

加藤:実はそれもそんなにないんですよね。表現方法が違うだけで、取り組む姿勢や、そこに向かうエネルギーは同じなので。唯一違うのは音楽の現場は、ある意味自分が監督であり、自分がプロデューサーでなくてはいけないところですかね。どちらかというと役者では自分は素材でしかなくて、どう料理されるかですけれど、音楽の場合は自分が素材であり、自分がプロデュースする側でなければいけないっていう。自分を導くのも自分しかいないので。


この記事の画像

「音楽・芝居・声優…多岐にわたり活動する加藤和樹が語る、人との関係性の重要さ」の画像1 「音楽・芝居・声優…多岐にわたり活動する加藤和樹が語る、人との関係性の重要さ」の画像2 「音楽・芝居・声優…多岐にわたり活動する加藤和樹が語る、人との関係性の重要さ」の画像3 「音楽・芝居・声優…多岐にわたり活動する加藤和樹が語る、人との関係性の重要さ」の画像4
編集部おすすめ

あわせて読みたい

レビューの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ピックアップ

もっと読む

「音楽」に関する記事

「音楽」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「音楽」の記事

次に読みたい「音楽」の記事をもっと見る

レビューニュースランキング

レビューランキングをもっと見る
お買いものリンク