review

朝ドラ『カムカムエヴリバディ』第51回 求め合い、惹かれ合い、同じ夢を見るるいとジョー

朝ドラ『カムカムエヴリバディ』第11週「1962-1963」

第51回〈1月13日(木)放送 作:藤本有紀、演出:泉並敬眞〉

写真提供/NHK

※本文にネタバレを含みます

※朝ドラ『カムカムエヴリバディ』第52回のレビューを更新しましたらTwitterでお知らせしています


海でダブルデート

るい(深津絵里)ジョー(オダギリジョー)トミー(早乙女太一)ベリー(市川実日子)がダブルデート。行き先は海! さすがお金持ちのお坊ちゃんらしいトミーはおしゃれな車を出して(ナンバーが「1031」=トミー)、4人で出かける。「なんでこないなことになっとるんじゃろうか」とるいは戸惑い気味だが……。

【レビュー一覧】朝ドラ『カムカムエヴリバディ』のあらすじ・感想(レビュー)を毎話更新(第1回〜51回掲載中)

トミーはベリーにジョーとデートできると言って、るいにはベリーが自分に気があるらしいから付き合ってほしいと持ちかけて、連れ出すことに成功。でも本当の目的はジョーにコンテストに出る決意をさせることだった。それときっと、トミーがジョーにきついことを言ってしまったから仲直りしたかったのであろう。トミーのジョーに対する友情はなかなか熱いものがある。わざわざ、クリーニング店にるいを誘いにくるのだから。

この「なんでこないなことになっとるんじゃろうか」の経緯は、クリーニング店で、竹村夫妻(村田雄浩、濱田マリ)と映画館の西山(笑福亭笑瓶)山崎てる子(春やすこ)のおしゃべりのなかでわかる。この4人のコッテコテの会話がテンポがよくて押し出しが強くて揺るぎない。何がおかしいか内容には共感できなくても、その熱量に圧倒されて楽しい気分になる。

近頃の子はけったいな名で呼ぶ合うとてる子が驚くのだが、演じている春やすこは1961年生まれ、濱田マリが1968年生まれ、深津絵里は1973年生まれ、オダギリジョーが1976年生まれで、60年代と70年代という違いはあるものの、実はさほど年齢は変わらない。そこがお芝居の面白さである。

車酔いするジョー

ええ年して車酔いするジョー。この「ええ年」がオダギリジョーの実年齢で考えると、小学生のように小さくうずくまる姿がよけいにお気の毒に見えて効果的だ。

ベリーにジョーの介護を任せ、トミーはるいとふたりきりに。話が違うと戸惑うるい。

ジョーはベリーにキツイことを言ったことを謝罪する。一瞬険悪になってもすぐに仲直り。みんないい人ばっかりでホッとする。

トミーはるいにジョーにコンテストに出てほしいという話と、ジョーの生い立ちを、それゆえにトランペットが大事すぎて、優劣の結果を出すことを恐れていると語る。そして、ベリーを車に乗せて、ジョーとるいをふたりきりにする。

「あのふたりは共鳴しあってんねん」
「楽器と楽器が、音と音が響き合う。求め合う。惹かれ合う。そして同じ夢を見るんや」

文学的なセリフを吐くトミー。さすが秀才。彼も若干、るいに気が(雉真のお嬢さんだから)あったようにも見えたが、さっさと諦めて、それよりもジョーの才能のためにるいが必要だと思って行動する。極めて合理的な人物である。ベリーはベリーで、ねちねちしないし、自分の恋が実らなくても、決していじけない。トミーもベリーも湿度が高くなくて気持ちいい。

「ベリー、僕と共鳴せえへんか」とトミーに言われたときのベリーのにやりとした顔がいかしていた(「いかす」も「アベック」的死語)。


編集部おすすめ

あわせて読みたい

レビューの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

レビューニュースランキング

レビューランキングをもっと見る

カムカムエヴリバディ

カムカムエヴリバディ

NHK「連続テレビ小説」第105作目。ラジオ英語講座と、あんこと野球とジャズと時代劇を題材に、3人のヒロイン(上白石萌音・深津絵里・川栄李奈)が、母から娘へとバトンをつなぐ三世代100年のファミリーストーリー。2021年11月1日~放送中。

お買いものリンク