review

朝ドラ『カムカムエヴリバディ』第52回 ジョーがるい抱きしめた試着室シーン 演出意図は?

朝ドラ『カムカムエヴリバディ』第11週「1962-1963」

第52回〈1月14日(金)放送 作:藤本有紀、演出:泉並敬眞〉

写真提供/NHK

※本文にネタバレを含みます

※朝ドラ『カムカムエヴリバディ』第53回のレビューを更新しましたらTwitterでお知らせしています


ジョーに返事ができないるい

悩んでいたジョー(オダギリジョー)だが、コンテストに参加することを決意、優勝したら東京に行く、一緒に来てほしいと、るい(深津絵里)に告白する。話が突然、急展開。安子編と比べてこれまでずいぶんとゆったりしていたのに、動き出したら止まらないという感じである。

【レビュー一覧】朝ドラ『カムカムエヴリバディ』のあらすじ・感想(レビュー)を毎話更新(第1回〜52回掲載中)

るいも同じくジョーが好きだけれど、彼女はそこまで加速できない。はあ……と頬に手を当て悩んでいる。東京に一緒に行くと返事ができないままコンテストが近づいてくる。

ジョーの衣裳を選んであげてと木暮(近藤芳正)が頼んでも、「わたしはそんなん」と逃げるように去っていくるい。

そんなるいとジョーを心配して、ベリー(市川実日子)がクリーニング店に尋ねて来る(トミーと言い、わざわざクリーニング店にやって来るマメさ)。学生ふうないでたちで、「単位をとって卒業しなくちゃ」と言うベリーに、道頓堀の青春編が終わっていくのを感じさせる。あの海のダブルデートは青春の思い出のラストページになったのではないだろうか。

「ジョーを諦めたん?」と文句を言うベリー。ジョーがるいにプロポーズしたことを本人から聞き出したらしい。この人達の関係、どんだけオープンなのか。清々しい。

その頃、竹村家の居間では、平助(村田雄浩)和子(濱田マリ)が大阪から東京へ3時間で行ける夢の超特急のニュースをラジオで聞いている。食堂車もある。先日も東京〜大阪間の新感線のニュースをやっていて、東京へ意識を向けさせる。ヨットでアメリカへ行った人の話は、るいとジョーのアメリカへの思いを喚起させた。

安子編ではラジオから戦争の情報が流れていた。ラジオから流れる情報が聞く人の気持ちを左右する。

「あんた、ジョーのこと好きなん?」「嫌いなん?」とべリ−に聞かれて額に手をやるるい。このときベリーはるいの額の傷を見てしまう。なんとも言いようのないベリーの表情。このとき、るいとベリーの背丈の差が際立って見える。るいはか細く小さく見え、ベリーは自信や包容力があるように見える。家庭環境的にもるいは恵まれていないが、ベリーはなんの問題もないのだろう。

「なんや、やっぱり好きなんやんか」とベリーはるいの気持ちを慮(おもんぱか)る。「このままやったらジョー、コンテストで負けてまう」と、ちゃんと告白の返事をするよう言って去っていくベリー。ジョーのことも思いながら、るいの傷ついて前に進めない心に、“あなたにできることがある。あなたにしかできないことがある”と励ましているように見える。傷から意識を自然と反らす。それが片桐(風間俊介)にはできないことだった。

「僕のシャツ洗ってほしい」

このままだとジョーはコンテストに出るのをやめてまうというベリーの言葉に悩んだ末、「るいは決めました、錠一郎のために何をすべきかを」(ナレーション:城田優)ということで、雨の日、洋服屋の前で真っ赤な傘を差し、ジョーが服を買いに来るのを待っている。

店内には虹色の服が並んでいて、そこからるいは赤を選んだ。あの日のコンサートのように、るいのワンピースのピンクとジョーのジャケットのピンクが揃ったように。赤い傘と赤いジャケットが揃った。

でも「楽しかったです。大月さんと出会って、ジャズに出会って」とお別れムードのるい。彼女の悪い癖で、いつも自ら早々と結論――それも悪いほうを選ぼうとする。安子(上白石萌音)に対しても片桐もそうだった。

が、しかし、ジョーは粘る。「僕とは離れてもええの?」「僕のシャツ洗ってほしい」と口調はソフトながら、内容は強度がある。

面白いところは、ふたりは似ている。どちらも親の愛に飢えているのだ。一緒にいたい、面倒を見てほしいという思いがジョーにはあって、るいも母に対してそう思っていて。彼女の場合は自分が世話を焼くことでその欲求を満たしている。要するに、愛情を強烈に求める同士で、押すにしても引くにしても激しくいくのが重要なのだ。淡い感情ではお互いの心は動かない。一見そうは見えないが、激しい熱情がふたりを共鳴させている。

「嘘ばっかりはサッチモちゃんや」と責められて、るいは更衣室に入ってカーテンを閉める。そこに映った自分を見つめる。そこにベリーに言われた「あんた、ジョーのこと好きなん? 嫌いなん?」という言葉がかぶる。


この記事の画像

「朝ドラ『カムカムエヴリバディ』第52回 ジョーがるい抱きしめた試着室シーン 演出意図は?」の画像1 「朝ドラ『カムカムエヴリバディ』第52回 ジョーがるい抱きしめた試着室シーン 演出意図は?」の画像2
編集部おすすめ

あわせて読みたい

レビューの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

レビューニュースランキング

レビューランキングをもっと見る

カムカムエヴリバディ

カムカムエヴリバディ

NHK「連続テレビ小説」第105作目。ラジオ英語講座と、あんこと野球とジャズと時代劇を題材に、3人のヒロイン(上白石萌音・深津絵里・川栄李奈)が、母から娘へとバトンをつなぐ三世代100年のファミリーストーリー。2021年11月1日~放送中。

お買いものリンク