ビッケブランカが1位を獲得!歌詞注目度ランキングにセカオワ、平井大ら初登場

ビッケブランカが1位を獲得!歌詞注目度ランキングにセカオワ、平井大ら初登場

ビッケブランカが1位を獲得!歌詞注目度ランキングにセカオワ、...の画像はこちら >>



歌詞検索サービス「歌ネット」が、7月8日付けの「歌ネット注目度ランキング」を発表した。



注目度ランキングは、「発売前の楽曲」のみのランキングで、「歌詞閲覧数」+「いいね!クリック数」の割合でランキングが決定する。通常の歌詞アクセスランキングとも違う、まさに「これから発売される、歌詞が注目されている楽曲」のランキングだ。



今回のランキングでは、1位にビッケブランカの「蒼天のヴァンパイア」が初登場。2021年7月12日に配信リリースされる最新EP『HEY』のリード曲だ。同EPは“出会い/高揚感”をテーマに初夏をイメージしたアッパーチューン中心の作品に。そしてリード曲は<予期せぬ展開は いつだってさ感動的>と幕を開け、歌詞に“巡り逢いや恋は突然訪れる”という物語を描いた楽曲となっている。なお、8月には配信EP『BYE』が、9月にはニューアルバム『FATE』がリリースされる。



2位には、OWVの「Get Away」が初登場。2021年7月28日にリリースされるニューシングルのタイトル曲だ。爽やかでリラックスして聴ける“OWVの夏”を体現したサマーソングとなっている。MVでは、なかなか思い通りに外に行けない今、屋内を舞台に夏の衝動を妄想劇としてカラフル&ポップに表現。振り付けは、世界が注目するダンサー・ReiNaが担当している。



3位には、SEKAI NO OWARIの「tears」が初登場。2021年7月21日にリリースされるニューアルバム『scent of memory』の収録曲だ。MVは池田大が担当。スタジオに列車を再現した大掛かりな撮影となっており、歌詞にある“列車“の中で歌うFukaseの姿や、暗闇を灯す灯篭に囲まれ演奏を披露するSEKAI NO OWARIのバンドショットなど、楽曲の世界観が詰め込まれた見どころ満載の映像作品となっている。


編集部おすすめ

当時の記事を読む

平井大のプロフィールを見る
イータレントバンクの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ピックアップ

もっと読む

「平井大」に関する記事

「平井大」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「平井大」の記事

次に読みたい「平井大」の記事をもっと見る

音楽ニュースランキング

音楽ランキングをもっと見る
お買いものリンク