EVはパワー不足? スーパーカー・メーカーが続々とEVスポーツカーの新モデルを発表
拡大する(全1枚)

 自動車業界では今、EV(電気自動車)へのシフトが急務となっている。EUでは、欧州委員会が2021年7月に発表した「2030年までに達成すべき温室効果ガス削減目標」に向けた政策案を発表。2035年にハイブリッド車(HV)を含むガソリン車やディーゼル車の新車販売を禁止することを表明した。日本政府も同様に、2030年代半ばを目途に日本国内における新車販売のすべてをEVやHVに切り替え、ガソリン車の販売を事実上禁止する目標を掲げている。


 しかし、車好きのユーザーの中には、この動きを残念がる人が多いのも事実だ。EVは排気ガスを出さない分、ガソリン車はもちろん、HVと比べても環境に優しいといわれている。また、騒音や振動も少なく、エンジンルームが必要ない分、デザイン的な面でも自由度が高い。さらには加速性能も高く、快適な走行が楽しめる。その一方で、一回の充電で可能な航続距離の問題や、充電に時間がかかるなどのデメリットを懸念する声もある。また、パワーの面でもガソリン車には及ばないと考えている人も多いようだ。しかし、本当にそうなのだろうか。


 例えば、今年1月14日~16日の3日間、東京幕張メッセで開催された「東京オートサロン2022」では、スバル<7270>のモータースポーツ部門を統括するスバルテクニカインターナショナル(STI)が、


 同社が独自開発した4モーター4輪トルクベクタリング技術を新しく採用した、システム最高出力800kW(1088馬力)という、高出力の新型ハイパーEV「STI E-RA」を公開。モータースポーツファンからも、大いに注目を集めた。