公安調査庁廃し人権擁護機関をと前川元文科次官

 文部科学省の事務方トップだった前川喜平元文科事務次官(奈良出身)は26日付け「しんぶん赤旗」日曜版で、「公安調査庁は廃止し、代わりに人権擁護機関などをつくったほうがいい」と断じた。


 前川氏は「1998年から2年間、中央省庁等改革本部に出向し、公安調査庁の縮減に取り組んだことがある」とし、その際に「公安庁職員を呼んで、どんな仕事をしているのか、と聞いても何も言わないんですよ」と職員は答えることもできなかった。


 前川氏は安倍・菅政治最大の問題点は「平気でうそをつく、説明しない、強権をふるい続けること」と指摘した。


 また自民党について「今の自民党は、ほとんど極右政党のようになってきている」と懸念。ファシズムへの道を突き進む恐れもあるとして「ストップをかけるためには政権交代」をとしている。


 前川氏は文科事務次官を経験した官僚だったことも踏まえて、内閣が幹部職員の人事権を握ったことで官僚機構は機能不全になっていると警鐘を鳴らす。


「第2次安倍内閣で内閣人事局を発足させ、約700人の幹部役人を官邸が一括管理することになった。人事権を振り回し、進言する官僚は更迭。官僚は官邸ばかりをみて仕事をするようになり、忖度・公文書改ざん・隠ぺいが横行するようになった」と本来の創設目的と大きくズレ、弊害が生じたことを指摘。


 立憲・共産・社民・れいわの4党は総選挙での共通政策にこうした弊害をなくすため、「内閣人事局の在り方を見直し、公正な公務員人事を確立する」としている。また日本学術会議の会員は同会議の推薦通りに任命することを共有、正常化をはかることにしている。(編集担当:森高龍二)

当時の記事を読む

安倍晋三のプロフィールを見る
エコノミックニュースの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「安倍晋三」に関する記事

「安倍晋三」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「安倍晋三」の記事

次に読みたい「安倍晋三」の記事をもっと見る

国内ニュースランキング

国内ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

このカテゴリーについて

国内の政治情報、首相、内閣、大臣、国会、選挙などの気になる最新ニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。

お買いものリンク