いかにバズるか? 冷え込む広告業界再編のキーワード

いかにバズるか? 冷え込む広告業界再編のキーワード
拡大する(全1枚)

 新型コロナウイルスの影響は経済のあらゆる面に波及し、ダメージを与えている。広告業界もその一つだ。株式会社電通が日本の総広告費と、媒体別・業種別広告費を推定した「2020年 日本の広告費」によると、東日本大震災以降、右肩上がりだった日本の総広告費は、コロナ禍を機に9年ぶりのマイナス成長に転じているばかりか、リーマン・ショック並みの下げ幅をみせている。


 一方で、ポジティブな内容もある。新聞・雑誌・ラジオ・テレビからなるマスコミ四媒体広告費は前年を大きく割っているものの、インターネット広告費は前年に比べて105.9%のプラス成長をみせている。何かと対立しがちな新旧広告媒体だが、総広告費の観点から見れば、共に手を携える時期が来ているのかもしれない。


 それを象徴するかのように、昨今の企業CMにも新たな兆しが見え始めている。


 例えば、木造注文住宅を手がける株式会社アキュラホームが11月13日から放映開始したCMだ。同CMで取り上げられているのは、同社が10月2日より販売している「キリンと暮らせる家 超空間プレミア」。


 34帖超のリビング、無柱、間仕切りなしが特徴で、文字通りキリン1頭が余裕で入れる広さが売り文句だ。CMでも、自宅のペットを言い合っている小学生の1人が、「私はキリン!」と声高らかに言い放つという、実にユニークな内容となっている。


 このCMで特徴的なのは、テレビのみならず、YouTubeでもWebCMバージョンを展開している点だ。短いテレビCMでは説明しきれない部分をWebCMで補完している。また、CMのメイキング映像もアップされており、親しみを生みやすい構成となっている。


編集部おすすめ

当時の記事を読む

エコノミックニュースの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「新型コロナ」に関する記事

「新型コロナ」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「新型コロナ」の記事

次に読みたい「新型コロナ」の記事をもっと見る

経済ニュースランキング

経済ランキングをもっと見る
お買いものリンク