新生「東急プラザ渋谷」出店テナント発表、ビームス ジャパンなど69店舗を誘致

新生「東急プラザ渋谷」出店テナント発表、ビームス ジャパンなど69店舗を誘致
「東急プラザ渋谷」イメージ

 新生「東急プラザ渋谷」に関する詳細が発表された。館内には日本初上陸1店舗、新業態20店舗、都内初出店5店舗を含む全69店舗を誘致。また、開業日は12月5日に決定した。

【こちらもチェック】「渋谷パルコ」はどう変わる?開発責任者が"マーケティング無視"を貫き通した理由

【画像をもっと見る】

 東急プラザ渋谷は、1965年に専門店複合商業ビル「渋谷東急ビル」として渋谷駅前に開業。1973年に「渋谷東急プラザ」、2012年に「東急プラザ渋谷」へと名称を変更し、2015年3月に渋谷駅周辺の大規模再開発に伴い閉館した。

 新生「東急プラザ渋谷」は、旧東急プラザ渋谷跡地と隣接する街区を一体開発する道玄坂一丁目駅前地区第一種市街地再開発事業の複合ビル「渋谷フクラス」の2~8階と17、18階に展開される商業施設部分にオープン。商環境デザイナーにはグラマラス(GLAMOROUS)の森田恭通を起用した。「大人をたのしめる渋谷へ」をコンセプトに、40代以上の都会派の感度が高い成熟した大人に向けてライフスタイルを提案する。

 2~8階では「食」「健康」「美」「趣味」「ライフプラン」などに焦点を当てた店舗を誘致。新宿に続く2店舗目となる「ビームス ジャパン(BEAMS JAPAN)」をはじめ、渋谷エリア初出店のショコラトリー「ドリュアデス(DRYADES)」、ロート製薬による新業態「ロートQualityAgingサロン」などの店舗が並ぶ。5階のライフステージのサポートに特化したフロア「シブヤライフラウンジ」では、資産形成や運用に対応する「三井住友信託銀行」、リユースにより自分への投資に繋げる「なんぼや+miney」などが出店する。6階と7階には食を通じたコミュニケーションを深めるフロア「シブヤグラン食堂」を展開。上層部分となる17階には渋谷エリアを一望できるルーフトップガーデン「SHIBU NIWA」を備えるほか、17階と18階に大人の社交場として、シンガポールの「マリーナベイサンズ」などに店舗を構えるエンターテインメントレストラン「CÉ LA VI」が日本初上陸する。


あわせて読みたい

FASHIONSNAP.COMの記事をもっと見る 2019年9月11日のファッション記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ファッションニュースアクセスランキング

ファッションランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

トレンドの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

注目のファッションイベントやおしゃれスポット情報などをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら