FINEPLAY編集部がアクションスポーツの魅力をDig! 「サーフィン」の歴史や種目を復習、注目選手をPick up

FINEPLAY編集部がアクションスポーツの魅力をDig! 「サーフィン」の歴史や種目を復習、注目選手をPick up
       

東京オリンピックへ向けて注目度が高まるアーバンスポーツ、アクションスポーツの魅力をFINEPLAY編集部がDig。「サーフィン」の歴史や種目、世界で戦う注目選手を紹介。
東京オリンピックの追加種目として注目を浴びている「サーフィン」は、日本にも注目すべき有望選手が多数。外出できないこんな時期だからこそ、歴史や種目を復習して、観戦の楽しみを倍増させよう。

古代ポリネシアから始まったという「サーフィン」の歴史

「サーフィン」の起源ははっきりしていないが、一説にはハワイやタヒチに住んでいた古代ポリネシア人が西暦400年ごろにはすでに「サーフィン」の原型を行なっていたとされている。

「サーフィン」が世界に広まったのは1900年代初頭。ハワイに移住してきた人々が「サーフィン」を楽しむようになり、ジョージ・フリースがカリフォルニアに「サーフィン」を伝え、ハンティントンビーチで初のエキシビションを行なった。
その後スイマーとして華々しい活躍を遂げ、スターとして一躍有名となったデューク・カハナモクが世界各国への「サーフィン」の普及に努めた。
その結果「サーフィン」は発祥であるハワイをはじめ、カリフォルニア、オーストラリアを中心に世界各国へ広がり、各地にサーフィンクラブが組織されるようになる。

日本では1960年代から湘南や千葉の海を中心に日本人サーファーが活躍、次第にムーブメントは全国へと波及していく。1965年には日本サーフィン連盟が発足し、1966年には「第1回全日本選主権」が開催されている。
現在では、世界で戦うサーファーも輩出しており、追加種目としての競技が決定した2020年東京オリンピックにおいても、メダルの獲得が期待されている。


あわせて読みたい

FINEPLAYの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

「サーフィン + 映画」のおすすめ記事

「サーフィン + 映画」のおすすめ記事をもっと見る

スポーツ総合ニュースアクセスランキング

スポーツ総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年5月12日のスポーツ総合記事

キーワード一覧

  1. サーフィン 映画

このカテゴリーについて

試合結果、選手の裏話、ゴシップ、注目のスポーツイベント情報などスポーツ好き情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。