大事なことはゲームが教えてくれた!「ファミコン国民投票」第17回「勉強になった」といえば?結果発表!

東京都心では11月だというのに27.5度を記録し、11月の最高気温を実に100年ぶりに更新するという異例の天候となっています。
しかし、そんな日を過ぎた途端に急に気温が下がり始め秋を通り越して冬のような気温になる日がやってくるようですね。
寒暖差で体調を崩しやすい時期でもありますから、ちょっと調子が悪いと感じたら無理をせずにお家でゆっくりすることも大事かと思います。
そんなお家時間の最高のパートナーと言えばもちろんゲーム!
11月~12月で発売ラッシュの新作ゲームはもちろんですが、お家時間が長いならあの頃プレイした、逆にあの頃はプレイできなかったレトロゲームをプレイするのにも良い機会にではないでしょうか。
そしてレトロゲームと言えば今年はファミコン40周年ということでファミコンの名作たちが盛り上がっていますし、毎週実施されている「ファミコン国民投票」は記憶の蓋を開けるきっかけとなっていますね。
今週も2023年11月8日(水)まで投票が行われていた第17回「勉強になった」といえば?の結果が発表となりました!



勉強も雑学も教えてくれた!第16回結果発表!

大事なことはゲームが教えてくれた!「ファミコン国民投票」第17回「勉強になった」といえば?結果発表!
「勉強になった」といえば?結果発表

「ファミコン国民投票」第17回「勉強になった」といえば?の結果が発表され、ファミコン誕生40周年キャンペーンサイトで上位20位が公開されています!



1位は「ポパイの英語遊び」が得票率9.7%!2位が「ドンキーコングJR.の算数遊び」で9.3%と、1983年というファミコンと同じ年に発売された超初期タイトルがトップ2に輝いています。
ファミコン初期は教育系のソフトも数多く発売されていたこともあり、やはり「勉強になった」というテーマではイメージしやすかったと思いますし、リアルタイム世代のみなさんは実際にこれらのタイトルで勉強をしたという人も少なくないことでしょう。
そんな鉄板といえる2作に僅差で迫ったのが筆者も投票した「スーパー桃太郎電鉄」が3位で得票率9.2%!
さらに初代の「日本一周すちゃらかトレイン 桃太郎電鉄」が4位で得票率8.8%と桃鉄シリーズが連番でランクインしています!
やはり筆者と同じく都道府県の位置や各地の名産を桃鉄で学んだと言う人がたくさんいるということでしょうねぇ。



信長の野望」シリーズや「三国志」シリーズの様に遊びながら歴史も勉強できるものも多くランクインしているなか、12位タイでランクインしている「超能力開発ソフト マインドシーカー」はどういう意味で「勉強になった」と思えたのか、投票したみなさんと語り合いたいですねぇ・・・笑


第18回「5文字のタイトル」といえば?投票開始!

大事なことはゲームが教えてくれた!「ファミコン国民投票」第17回「勉強になった」といえば?結果発表!
「5文字のタイトル」といえば?

第17回が終わったということは第18回が始まったということ。
2023年11月9日(木)より第18回「ファミコン国民投票」の投票が開始となっています!今回のテーマは「5文字のタイトル」といえば?です!



ファミコンソフトにはもちろんタイトルが付いていますし、名は体を表すという言葉通りそのゲームのことを表してるタイトルが多いですよね。
数あるタイトルでも5文字という制限が付けばかなり絞れると思いますが、ひらがな、カタカナ、漢字にアルファベットなど、文字数が「5文字」となればそれなりに数があるはず!
今回のテーマはちょっと頭を捻りそうですが、頭に浮かんだ5文字のタイトルに清き一票を!



今回もニンテンドーアカウントにログインした上でキャンペーンサイトの、「ファミコン国民投票」のページから投票することができます。
もしタイトルを忘れてしまってもタイトルの一部を入力すれば候補が出てくるのでご安心を。
第18回「ファミコン国民投票」の投票期間は2023年11月15日(水) 11:59まで、結果発表は2023年11月16日(木)予定となっています!



筆者はキー・ホイ・クァンが「エブリシング・エブリウェア・オール・アット・ワンス」で本格復帰したことで原作映画も再注目されている「グーニーズ」に投票しました!
ステージ音楽は映画の主題歌、シンディ・ローパーの「The Goonies 'R' Good Enough」のアレンジVer.であることも有名ですが、原曲よりファミコンの「グーニーズ」で先に知ったという人も少なくないはず!



© Nintendo