【コラム】白いスーツが、かぶった! 前現大統領夫人たち 韓国
拡大する(全1枚)
韓国のイメージ
 2022年5月10日、韓国では、新しい大統領の就任式が行われた。

その他の写真:韓国のイメージ

 ここで、あってはならないことが起こった。文在寅前大統領夫人は、フェミニンなデザインの白いスーツ。尹錫悦大統領夫人も、白いスーツ。かぶってしまったのだ。就任式に「白いスーツを着ましょう」といったドレスコードはない。恩赦が間に合ったというか朴槿恵元大統領は白ではなかったからだ(いろんな意味で)。

 新大統領夫人のスーツは、そんなに高いものではなかったと事情通は言う。いつも、ネットで衣類は購入するらしい。確かにスタイルがいいから既製品でピッタリなのかもしれない。ネット価格で中から低価格のものを買うとのこと。この日は、ウエストに大きなリボンがワンポイントになっているスーツで、ブランドと言うより小規模の会社のお安い。しかも、自費購入を強調。

 まだ、40代。お若いから、高価なデザイナーズブランドよりも、お安めのものを数多く持っていた方がおしゃれさんに思われるってことだろうか。庶民派だよって主張だろうか。

 文夫人は、おそらく最後のハレの衣装だから、「すべては自費購入です!」と言っても、襟元のデザインが象徴的で身体の線がピタッと出るオーダーメイド。たぶん有名ブランド品。

 文前大統領と、尹現大統領は、完全に相容れないようだが、夫人同士だけは「なに着ます?」の打ち合わせが必要だったと思われる。

 ただ、新大統領夫人は、朴槿恵元大統領とハグしたり、対象者、比べてもら人と並んで、白のスーツ姿をしっかり、国民にインプットさせた。元大統領夫人は、あくまでも元大統領の添え物感があった。軍配は若さに上がるかも。

 どうせかぶるなら、二人とも、白いチマチョゴリならば…よかったかもしれないのに、韓国人のファーストレディたちとして。
【編集:fa】