新型「Eクラス」は、メルセデスの新世代ステアリングホイールなどを採用

新型「Eクラス」は、メルセデスの新世代ステアリングホイールなどを採用
2020 E-Class W213/S213 Facelift Range Image RGB
       

メルセデス・ベンツの中核たる「Eクラス」が大幅刷新され、プレミアムカーの王道をひたすらに突き進んでいる。

新型「Eクラス」は、メルセデスの新世代ステアリングホイール...の画像はこちら >>

現行モデルは2016年に発売された10代目。今回の刷新はクーペ/カブリオレを除く、セダン/ステーションワゴン/オールテレインが対象となっている。

新型Eクラスでは、メルセデスの新世代ステアリングホイールを初採用。操作系の見直しとともに静電容量式センサーを備えたグリップを備え、ACCやハンズオフ機能の使い勝手を向上させている。

新型「Eクラス」は、メルセデスの新世代ステアリングホイールなどを採用

デザイン的には、メルセデスAMGや「スポーツ」の各モデルでは、3本のツインスポークによって近未来的なスポーティさを演出。「E450 4MATIC エクスクルーシブ」では、ブラックアウトされたスポークによって、シックさを際立たせている。

新型「Eクラス」は、メルセデスの新世代ステアリングホイールなどを採用

対話型インフォテインメントシステム「MBUX」も、いよいよ搭載された。12.3インチの大型ワイドスクリーンを2枚並べたインテリアはスマートかつ未来的で、タッチパッドやボイスコントロールによる操作性も秀逸だ。

新型「Eクラス」は、メルセデスの新世代ステアリングホイールなどを採用

また、日本で発売される乗用車として初めて、AR(=拡張現実)ナビゲーションを採用。目の前に広がる景色とナビ画面をシンクロさせることで、ドライバーがより直感的に判断できる仕様としている。

新型「Eクラス」は、メルセデスの新世代ステアリングホイールなどを採用

エクステリアは、ドライバーズカーとしての高い資質を強調するデザインへと刷新。ヘッドライトは薄くシャープになり、フロントグリルもロー&ワイドな末広がりの台形に。バンパー左右のツインフィンやクローム仕上げのダイヤモンドグリルなども、精悍さを際立たせている。


当時の記事を読む

IGNITEの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「メルセデス・ベンツ」に関する記事

「メルセデス・ベンツ」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「メルセデス・ベンツ」の記事

次に読みたい「メルセデス・ベンツ」の記事をもっと見る

国内ニュース

国内ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年11月22日の経済記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

経済、株式、仕事、自動車、金融、消費などビジネスでも役に立つ最新経済情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。