『Apex Legends』の競技シーンに、大ニュースが飛び込んできた模様。今最も熱いチームとして知られている「456」(しころく)が、プロゲーミングチーム「Riddle」と契約を結びました。彼らは一体何者なのか、本稿ではその正体に迫っていきます。

「456」が「Riddle」と電撃契約
「456」はYukio選手、Hesiko選手、Naohiro21選手からなるチーム。これまではアマチュアチームとして活動していましたが、今回「Riddle」と契約したことで、正式にプロチームの仲間入りを果たしました。

とはいえ、元々3人はプロゲーミングチーム「Crest Gaming」で活動していたメンバー。しかも、2020年7月に行われた「Apex Legends Global Series Summer Circuit #2」(APAC North地域)に出場した際には、「Crazy Raccoon」や「T1」といった韓国の強豪を抑え、日韓1位の座を獲得しています。

そして「456」としては、公式大会「Apex Legends Global Series: Split 1 Pro League」(APAC North地域)で頭角を表すことに。同月に行われた「FFL x GALLERIA GLOBAL CHALLENGE」最終予選でも総合2位に輝き、“日本代表”として国際大会に臨みました。

そんな「456」の3人が、「Riddle」に加入したというニュースにファンは騒然。「456がリドル行くのアツすぎ!!」「456リドル加入おめでとう!」「非常にWellですなぁ」とさまざまな反響が寄せられています。

この記事の画像

「『Apex』競技シーンで話題の「456」が「Riddle」に加入!ファンを虜にする“驚異”の魅力」の画像1 「『Apex』競技シーンで話題の「456」が「Riddle」に加入!ファンを虜にする“驚異”の魅力」の画像2 「『Apex』競技シーンで話題の「456」が「Riddle」に加入!ファンを虜にする“驚異”の魅力」の画像3 「『Apex』競技シーンで話題の「456」が「Riddle」に加入!ファンを虜にする“驚異”の魅力」の画像4