江戸時代、どこよりも早くワクチン接種を敢行!天然痘の抑え込みに成功した佐賀藩主・鍋島直正に学ぶ

江戸時代、どこよりも早くワクチン接種を敢行!天然痘の抑え込みに成功した佐賀藩主・鍋島直正に学ぶ
拡大する(全11枚)
世界的な感染症の一つ「天然痘[てんねんとう]」(疱瘡[ほうそう]とも)は、人類の長い歴史の中で、幾たびも流行しました。日本では「続日本記」天平7年(735)閏11月の条に、

「是(この)歳頗る稔(みの)らず、夏より冬に至るまで、天下豌豆瘡(わんずがさ)を患いて、夭死(わかじに)するもの多し」

とあり、これが日本における天然痘の初見とされています。

日本書紀にも記録が。人類が根絶に成功した感染症「天然痘」と日本人の歴史

天然痘が入ってきた要因としては、この年の1月に新羅からの使節団が来日、3,4月には遣唐使の帰国に見られるように、大陸との往来が盛んであったことが考えられます。以後、天然痘は日本で頻繁に流行するようになっていきます。

江戸時代、どこよりも早くワクチン接種を敢行!天然痘の抑え込み...の画像はこちら >>


天然痘(疱瘡)ウィルス Wikipediaより

江戸時代、天然痘は死因の上位を占めるほどの病気で、そのうち約7割近くが乳児であったと言います。安永2年(1773)の大流行では江戸で約19万人が亡くなったというほど。致死率が高く、仮に命が助かったとしても痘痕や失明など、後遺症が残ってしまう非常に恐ろしい病気です。

痘痕は顔に残ってしまうことも多かったため、当時は「見目定め」とか「器量定め」などと呼ばれていました。

「痘(いも)神に、惚れられ、娘値が下がり」

という川柳が詠まれていたことから、特に若い女性は天然痘に対して、強い警戒感を抱いていたことがわかります。

江戸時代、どこよりも早くワクチン接種を敢行!天然痘の抑え込みに成功した佐賀藩主・鍋島直正に学ぶ


エドワード・ジェンナー Wikipediaより

この記事の画像

「江戸時代、どこよりも早くワクチン接種を敢行!天然痘の抑え込みに成功した佐賀藩主・鍋島直正に学ぶ」の画像1 「江戸時代、どこよりも早くワクチン接種を敢行!天然痘の抑え込みに成功した佐賀藩主・鍋島直正に学ぶ」の画像2 「江戸時代、どこよりも早くワクチン接種を敢行!天然痘の抑え込みに成功した佐賀藩主・鍋島直正に学ぶ」の画像3 「江戸時代、どこよりも早くワクチン接種を敢行!天然痘の抑え込みに成功した佐賀藩主・鍋島直正に学ぶ」の画像4
「江戸時代、どこよりも早くワクチン接種を敢行!天然痘の抑え込みに成功した佐賀藩主・鍋島直正に学ぶ」の画像5 「江戸時代、どこよりも早くワクチン接種を敢行!天然痘の抑え込みに成功した佐賀藩主・鍋島直正に学ぶ」の画像6 「江戸時代、どこよりも早くワクチン接種を敢行!天然痘の抑え込みに成功した佐賀藩主・鍋島直正に学ぶ」の画像7 「江戸時代、どこよりも早くワクチン接種を敢行!天然痘の抑え込みに成功した佐賀藩主・鍋島直正に学ぶ」の画像8
「江戸時代、どこよりも早くワクチン接種を敢行!天然痘の抑え込みに成功した佐賀藩主・鍋島直正に学ぶ」の画像9 「江戸時代、どこよりも早くワクチン接種を敢行!天然痘の抑え込みに成功した佐賀藩主・鍋島直正に学ぶ」の画像10 「江戸時代、どこよりも早くワクチン接種を敢行!天然痘の抑え込みに成功した佐賀藩主・鍋島直正に学ぶ」の画像11
編集部おすすめ

当時の記事を読む

Japaaanの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

ライフスタイルニュースランキング

ライフスタイルランキングをもっと見る
お買いものリンク