新春に贈る「オヤジの小言」 経営者に心してほしい7か条

遅ればせながら、あけましておめでとうございます。引き続き「社長のお悩み相談室」をよろしくお願いいたします。

新年早々、誘われるまま都内に飲みに出たのですが、待ち合わせた店の入り口で目にしたのが「親父の小言」なる額でした。毛筆でしたためられた諌め言葉の箇条書き。そこここに飾られていた記憶はあるものの、じっくりと読んだことはなかったので連れを待つ間しばしこれを熟読しました。

時を経て81か条が38か条に

全部で38の命令口調。読んでみると、これがなかなか深い。世の社長の皆様にもお聞かせしたい言葉も多く、思わずスマホでパチリと撮って帰りました。

調べてみると、ルーツは江戸末期、嘉永年間に江戸の町人がまとめた81か条のものとのこと。時を経て昭和初期、福島県浪江町の大聖寺(だいしょうじ)の住職、暁仙和尚が45か条にまとめ、信徒らに配布していたものがいつしか地元の土産物となり、昭和30年代から一気に全国へと広まったといいます。私が見た38か条は、さらにそのエッセンスなのでしょう。

せっかくの新年ですので、日ごろ「オヤジ」と呼ばれることも多い世の社長方に、その中から私が選び抜いてアレンジした「経営者としてぜひ心してほしい7か条」を紹介したいと思います。

社長は朝一、機嫌よく

一、朝、機嫌よくしろ

朝から主(あるじ)の機嫌が悪いと社内のムードが悪くなります。社員の皆がピリピリ、今日は誰が犠牲者になるのかなんて戦々恐々としていたのでは、それぞれ自分の業務に集中できるハズがありませんし、社長は社内で浮くばかり。いつしか「裸の王様」の出来上がりです。


編集部おすすめ

当時の記事を読む

J-CAST会社ウォッチの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ピックアップ

もっと読む

経済ニュースランキング

経済ランキングをもっと見る
お買いものリンク