【投資の着眼点】検証してみた! 「年末年始は株価が上がりやすい」はホントか?

【投資の着眼点】検証してみた! 「年末年始は株価が上がりやすい」はホントか?

2019年も残すところ、あと1か月である。

今年の株式市場を振り返ってみると、日経平均株価は年初から4月にかけては前年の10月から12月にかけての世界的な株価急落に見舞われた後の反発もあって、堅調に推移していた。

しかし、5月から本格化した米中関戦争、6月から始まった香港民主化デモなどの影響を受けて、今夏の株価は不安定な推移となった。9月以降は回復基調にあり、10月は年初来高値を更新する流れとなった。執筆時(11月下旬)においても、日経平均株価の上昇傾向は継続している。大波小波、いろいろあった。

株式市場にとって「年末年始」は特別な日

ところで、相場の「アノマリー」と呼ばれる、明確な根拠はないがそのような傾向があるとされる、相場の経験則の数々によると、相場は「夏場に軟調になりやすく、冬場は堅調に推移する」ことが多いようだ。

「アノマリー」によれば、5月から10月は株価が下がりやすく、11月から4月は株価が上がりやすいとされる。今年も、概ねそのように推移している。

「アノマリー」によれば、特に年末年始は株価が堅調に推移しやすい、とされるようだ。その通説は「本物」なのか――。データを使って検証することにした。

年末年始は、株式市場にとっても特別な意味を持つ日がある。それは、その年の株式市場の最終営業日を意味する「大納会」と、翌年の最初の株式市場の営業日を意味する「大発会」があるから。いずれの日も、取引所では特別なセレモニーが開催される。


あわせて読みたい

J-CAST会社ウォッチの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

次に読みたい関連記事「株式」のニュース

次に読みたい関連記事「株式」のニュースをもっと見る

経済ニュースアクセスランキング

経済ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2019年11月24日の経済記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

経済、株式、仕事、自動車、金融、消費などビジネスでも役に立つ最新経済情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。