外国人の部下がいる上司はつらいよ! 4割が「強いストレス」、2割以上が「今すぐ会社辞めたい」

外国人の部下がいる上司はつらいよ! 4割が「強いストレス」、2割以上が「今すぐ会社辞めたい」

「自己主張が強い」「日本の常識が通用しない」......。

どんどん外国人労働者が増えるなか、外国人を部下に持つケースも多くなっているが、上司の2割以上が「今すぐにでも辞めたいくらいだ」と大きなストレスを抱えていることがわかった。

総合人材サービスのパーソルグループのシンクタンク、パーソル総合研究所が2019年12月10日に発表した「外国人部下を持つ日本人上司の意識・実態調査」から、会社に外国人をマネジメントするノウハウがなく、ひとりで悩む上司像が浮かんでくる。

「自己主張が強い」「日本の常識が通用しない」

まず、外国人部下に対するマネジメントの困難さについて聞くと(複数回答)、「ノウハウがなく手探り状態である」と答えた人が30.0%いた=図表1。また、「通常業務が忙しく、外国人材のマネジメントに手が回らない」が24.7%、「外国人材をうまくマネジメントできていない」が22.8%と、どう扱ったらいいか、対応に困っている実態が明らかになった。

実際に外国人が部下に来た場合、受け入れショック(ネガティブな想定外)を感じる上司が多くいることが判明した。部下に感じたギャップ(複数回答)の1位が「自己主張が強い」(46.1%)、以下「日本の常識が通じない」(41.6%)、「昇給の要求が強い」(40.7%)、「組織への忠誠心が低い」(40.1%)、「仕事を教えるのに時間がかかる」(40.0%)と続く。

さらに、「仕事内容に対するこだわりが強く、指示したことをやってくれない」(38.4%)、「評価に対する不満が強い」(37.3%)、「コミュニケーションが困難」(35.7%)などと自尊心の強さでマネジメントが難しくなることが多いようだ。


あわせて読みたい

J-CAST会社ウォッチの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

経済ニュースアクセスランキング

経済ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2019年12月14日の経済記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

経済、株式、仕事、自動車、金融、消費などビジネスでも役に立つ最新経済情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。