これは無視できないぞ! 仮想通貨のようで仮想通貨でない?「ステーブルコイン」(ひろぴー)

これは無視できないぞ! 仮想通貨のようで仮想通貨でない?「ステーブルコイン」(ひろぴー)
ドル、円……。「ステーブルコイン」ってなんだ!

作家の竹田恒泰氏が代表を務めるエクスコインと外貨両替所のエクスチェンジャーズが、ステーブルコインであるxcoin (エクスコイン)を発行すると、2019年12月11日に発表しました。

エクスチェンジャーズの外貨両替所で取り扱う156種類の法定通貨のそれぞれに対応した仮想通貨を発行し、専用アプリを使って決済や送金、外貨両替などに利用できるといいます。

参考リンク:「日本発のステーブルコインを発行 作家の竹田氏が代表

そもそも、「ステーブルコイン」ってなに? という人も多いことでしょう。今回は、そんなステーブルコインについてお話していきます。

価格変動がなく一定の価値を保つ「ステーブルコイン」

「ステーブルコイン」とは、主に法定通貨を価値の裏付けとする仮想通貨です。多くのステーブルコインは、米ドルや日本円などの法定通貨や金などに紐づけられていることが多く、ペッグ(他の通貨と価値が連動する)通貨とも呼ばれています。

「ステーブル」には、「安定した」という意味があり、価格変動がビットコインなどの仮想通貨と比較して安定しています。

これは価値の裏付けがあるため、それ以上にも以下にもなりづらいということが要因です。

ちなみに、米フェイスブックが運営する仮想通貨「リブラ」もステーブルコインで、法定通貨(米ドル、ユーロ、英ポンド、日本円)と国債を担保とするとされています。

ステーブルコインのメリットを見てみましょう。仮想通貨の魅力でもあり、課題でもあるのが、価格変動がダイナミックであることです。価格が上昇している時はいいですが、下落すると資産価値が落ちてしまいます。もし、仮想通貨で送金している途中であれば、もうどうすることもできません。


あわせて読みたい

J-CAST会社ウォッチの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース
「これは無視できないぞ! 仮想通貨のようで仮想通貨でない?「ステーブルコイン」(ひろぴー)」の みんなの反応 1
  • 匿名さん 通報

    仮想通貨は通貨に非ず。はっきり言って詐欺です。まともな人間は手は出しません。出す人は馬鹿と詐欺師だけ。

    0
この記事にコメントする

次に読みたい関連記事「マイナンバー」のニュース

次に読みたい関連記事「マイナンバー」のニュースをもっと見る

経済ニュースアクセスランキング

経済ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年1月14日の経済記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

経済、株式、仕事、自動車、金融、消費などビジネスでも役に立つ最新経済情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。