日本の管理職は「アマチュア」ばかり? プロにならないとグローバル化のなかでは生き残れない
拡大する(全2枚)

日本企業による海外企業のM&A(企業の合併や買収)が盛んになっている。かつての金融危機の時代には、経営再建のために海外資本の軍門に下る企業があったが、近年はグローバル化の波に乗って、多くの日本企業が国内から海外に市場を求めて進出。M&Aはその有効な手段の一つとなっている。

ボーダレスなM&Aは今後ますます増えるとみられるが、その中で日本式ビジネスの進め方がうまく機能しないことが、海外企業との経営統合をめぐる、新たな課題となっている。

本書「日本人が知らないプロリーダー論」は、グローバル化するビジネスシーンで欠かせない存在となっている、MBA取得者らの「プロリーダー」について解説。その中で、日本の管理職は世界では「アマチュアリーダー」に過ぎないと喝破し、プロ化の必要性を説く。「部長・課長・チームリーダーなどリーダーを目指す人の必読本」とうたう。

「ハーバード・MIT・海外トップMBA出身者が実践する 日本人が知らないプロリーダー論」(小早川鳳明著)PHP研究所
次期社長の身だったが...

著者の小早川鳳明(こばやかわ・ほうめい)さんは、経営改革、企業再建の専門家。外資系のコンサルティング会社を経て、現在は、国内外の企業の経営改革、再建のほか、企業買収の業務に従事している。

これまで50社以上とかかわり、役員・部門長100人以上と仕事をしてきたという。「私が共に仕事をしたハーバードはMIT(マサチューセッツ工科大学)などの海外トップスクールでMBAを取得したリーダーは皆、機敏に組織を動かし経営者の手足となって活躍してきた」。その経験を生かして上梓したのが本書だ。


この記事の画像

「日本の管理職は「アマチュア」ばかり? プロにならないとグローバル化のなかでは生き残れない」の画像1 「日本の管理職は「アマチュア」ばかり? プロにならないとグローバル化のなかでは生き残れない」の画像2