石橋を叩いて渡る三越伊勢丹株 いまこそ「二度に買うべし」!【格言で買う!株式投資】(石井治彦)

石橋を叩いて渡る三越伊勢丹株 いまこそ「二度に買うべし」!【格言で買う!株式投資】(石井治彦)
三越伊勢丹HD株を「二度」買う!(写真は、東京・新宿の伊勢丹本店)

これまでの株式投資で肝に銘じてきた格言がある。「二度に買うべし二度に売るべし」である。

日本証券業協会の相場格言集は、

「『相場は相場に聞け』ではないが、まず相場に探りを入れる。つまり打診をして、自分の当否を確かめてみてはどうか。その結果、予想どおりであることがわかったら、そこで初めて本格出動してもまだ十分に間に合うはずだ。一度に出て行って失敗することを考えれば、これくらいの手間ヒマは惜しむに価しない。いわば、石橋を叩いて渡るがごとき慎重さが、株式投資には何よりも必要となる。『二度に買うべし、二度に売るべし』は、その慎重さを説いた教訓である」

と、説いている。

コロナ禍の感染第3波で、どうなる東京五輪?

2019年5月9日、三越伊勢丹ホールディングス(HD)株を、1株当たり990円で100株取得した。この時、百貨店業界はバブル崩壊後の、デフレと少子高齢化による個人消費の縮小で業績は長期低迷を余儀なくされ、株価も「低空飛行」の状況にあった。このような中で、東京五輪・パラリンピックのインバウンド需要は大いに期待されていた。

ところが......。周知のとおり、昨年末に中国で発生した新型コロナウイルスのパンデミックによって、世界各国は感染の拡大防止と経済活動の活性化という、相反する問題に難しい対応を迫られることとなった。

日本も例外ではない。コロナ禍の感染拡大を防止するため、今春には経済活動の停止に踏み切った。その結果、日本社会もこれまでとは様変わりした。


当時の記事を読む

J-CAST会社ウォッチの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

国内ニュース

国内ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年11月18日の経済記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

経済、株式、仕事、自動車、金融、消費などビジネスでも役に立つ最新経済情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。