コロナ禍で賃上げできず 実施企業は9年ぶり減

コロナ禍で賃上げできず 実施企業は9年ぶり減
賃上げを実施した企業は9年ぶりに減少した
       

新型コロナウイルスの感染拡大が、賃上げを阻んだ。厚生労働省の「2020年 賃金引上げ等の実態に関する調査」によると、2020年中に賃上げした企業(見込みを含む)の割合は81.5%で、前年(90.2%)より8.7ポイント低下した。

新型コロナウイルスの感染拡大で、宿泊・飲食サービス業などが直撃を受けたことなどが影響して、賃上げを実施した企業は9年ぶりに減少した。一方、賃金改定を実施しない企業は9.5%(前年は5.4%)、引き下げた企業は2.1%(前年は0.0%)と急増した。

これから、もっと厳しくなる?

賃上げを実施した企業の割合が80%程度にとどまったのは、2013年(79.8%)以来のこと。下落幅はリーマン・ショック直後の09年(61.7%)に、08年(74.0%)から12.3ポイント低下して以来の大きさだった。

賃上げ企業の割合は、14年83.6%となって以降、毎年80%台を小刻みに上昇し、19年に初めて90%を超えたところだった。

賃上げ実態を産業別にみると、「電気・ガス・熱供給・水道業」では賃上げ企業は95.4%(前年100%)でトップ。次いで「建設業」の95.0%(同100%)。

賃下げ実施の割合は、「運輸業、郵便業」(7.8%、前年値なし)、「宿泊、飲食サービス業」(7.5%、同)で高かった。

賃金改定なしでは「生活関連サービス業、娯楽業」が20.9%(前年3.2%)と高くなっている。


当時の記事を読む

J-CAST会社ウォッチの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

国内ニュース

国内ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年11月26日の経済記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

経済、株式、仕事、自動車、金融、消費などビジネスでも役に立つ最新経済情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。