PEが狙う日本企業 英CVCの東芝への買収提案はすんなり通るのか?【馬医金満のマネー通信】

PEが狙う日本企業  英CVCの東芝への買収提案はすんなり通るのか?【馬医金満のマネー通信】
拡大する(全1枚)
英CVCの買収提案に東芝はどうする?

みなさん、こんにちは。馬医金満です。

2021年4月7日、大手電機メーカーの東芝がイギリスに本拠を置く投資ファンド、CVCキャピタル・パートナーズから買収の提案を受けたことが明らかになりました。僕なりの考えをまとめてみました。

CVCと東芝、このディールは成立するのか

東芝への買収提案の内容は、CVC側が東芝の株式を大量に取得して、非公開化するとみられており、その際の時価総額は約2兆円といわれています。

東芝では2020年7月の株主総会の運営などをめぐり、経営陣と大株主の投資ファンドなどとのあいだで対立が続いていて、CVC側は買収によってアクティビスト、いわゆる「物言う株主」などの影響を受けない体制にすることができるとして、東芝からの賛同を求めるものとみられます。

長らくトップを争っていた三菱電機パナソニックが時価総額3~4兆円ということを考えると、ちょっと寂しい数字ではあるのですが、原子力発電事業などで行き詰った経験も加味すると、まあ仕方ないのかなと思っています。

ここで個人的に気になる視点が、大きく二つあります。

一つ目は、現実的にこのディール(売買)が成立するのかということです。東芝が原子力や防衛関連など安全保障上、重要な事業を手がけているため、法律に基づく政府の事前審査も必要になります。

先例としては、現在の株式会社IHIエアロスペースが挙げられます。この会社は、もともと日産自動車の宇宙航空部門だったのですが、日産自動車がルノーの資本参入を受けたことによって、日産自動車の宇宙航空部門が分離され、IHIに買収されました。


編集部おすすめ

当時の記事を読む

J-CAST会社ウォッチの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「東芝」に関する記事

「東芝」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「東芝」の記事

次に読みたい「東芝」の記事をもっと見る

経済ニュースランキング

経済ランキングをもっと見る
お買いものリンク