円、再び下落気配  1米ドル=137円乗せの可能性も(6月27日~7月1日)【株と為替 今週のねらい目】
拡大する(全1枚)

米ドル円相場は、米国の金融政策の行方に左右される展開が続いている。日米の金利差が広がる背景を考えれば、ドルが下げ基調に転換することはない。米国の金融引き締め観測が強まれば、円安ドル高は再び動き出す。1ドル=137円乗せを試す可能性もあるかもしれず、注意が必要だ。

なお2022年6月29日は、3月期決算の企業の定時株主総会の集中日に当たる。

どうなる!? 今週の株式・為替マーケット!

東京株式市場 米国の経済指標の発表に要注意
日経平均株価予想レンジ:2万6000円~2万7000円

2022年6月24日(金) 終値 2万6491円97銭

今週の東京株式市場の日経平均株価は、もみ合いか。

前週の東京株式市場の日経平均株価は、反発した。米国の過度なインフレ懸念が後退し、米国の長期金利が低下したことで、米国株が反発したことを好感した。

今週の日経平均株価は、もみ合いとなりそうだ。前週末の米ニューヨーク株式市場のダウ平均株価が大幅上昇したことで、週明けの日経平均株価は上昇が見込まれる。ただ、前週の日経平均株価が2万6500円から上の水準では非常に上値が重かったこともあり、大きく上昇するには材料不足だろう。

カギを握るのは米国株の動向。米国の金融引き締めが景気後退につながるとの懸念と、米経済指標でインフレ後退を示すものが出ていることで、一段の金融引き締め観測が後退していることで米国株が回復しているが、米国の金融引き締め方針が否定されたわけではない。今週は米経済指標の発表も多く、注意が必要だ。